ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

北イスラエル十部族の大移動

このタイトルは、本の紹介でもあります。
著者 大杉博 岡山県出身の宗教家で、主に日本の古代史を探求されている方です。


かつて、邪馬台国は〇〇にあった・・・とか、検証が難しいため、都市伝説レベルから脱しきれない様々な学説が、想像たくましく飛び交った時期もありましたが、この方の登場によって、だいぶ鳴りを潜めたのではないでしょうか。


魏志倭人伝などにも造詣が深く、そのため、それを無視した考古学者や、へたな文献史学者は太刀打ちできず撃沈。
現地調査のため徳島へ移住されるくらいですから、その熱意に及ぶ者は、この分野では、なかなかおりません。


さて、多くのキリスト教関係者や、サンクチュアリの方々も、度々この題材に触れる方がおられ、関心を持つのは、大変重要であり、喜ばしいことだと思っています。
これからも、ぜひ、お願いしたいと思います。


私も、この方の影響をだいぶ受けまして、結論から申し上げますと、全ての謎は、徳島県は剣山に集約されてくるのではないかと感じています。
この山へは、一度しか登っておりませんが、別件で、徳島の地には、何度も何度も足を運んでおり、霊界絡みなので、ここでは書きませんが、自身の中では、そうとうな数の謎が、この地を拠点に解かれ(教会長のおかげです)、中には、歴史に係わる幾多の謎の一部も含まれ、余計にそう感じるのです。


内容のほうは、一気に書くべき種類のものではなさそうなので、これから小出しに、暇をみつけては、感想なども交えていきたいと思ってますが、どうやら、神様と人類の壮大な歴史と、その足跡を辿ることになりそうです。


余談ですが、いつだったか、サンクチュアリブログの方が、空海の名を出しただけで、吼えている方がおり、短絡的な思考から、おそらく仏者は邪教くらいの認識なのでしょう、実は、わりと心を寄せていたカテゴリから愚か者の存在が湧出されたので、多少落胆してしまい、以降、家庭連合同様、サンクのブログにも注意喚起を迫られ、必要な方以外は、あまり熱心に見なくなってしまいましたが、ネットは広いので、あまり気にせず、こっちはこっちで行こうと思います。
なんせ、この本の著者や、幾多の歴史家が教示する如く、空海の存在は、日本の歴史の中で、そうとう重要なキーパーソンになっていると、感じていますから。

マグニフィセント・セブン

気になる映画の紹介です。
なぜ気になるかというと、昨今、銃規制の問題がアメリカを中心に展開され、誤った捉え方をしないよう、ペンシルバニアの旦那を中心に、サンクチュアリ教会の方々も、それぞれ各種論陣を張ったりで対応、対グローバリズム戦の雄、トランプをサポートする方向で動かれていると思いますが、ここでは、少し難解な話から外れまして、思考を啓発する映画からも、少しは感じ取るものがあるかと思いまして、そのときは、これをお勧めしたいと思います。


知る人ぞ知る、黒沢映画へのオマージュ。
「七人の侍」のDNAはしっかり受け継がれながら、「荒野の七人」を進化させている。


ネタバレですいませんが、銀行家ボーグが「ロックフェラーはこんなところで立ち止まらない!」と叫ぶシーンがありましたが、まさか映画の中で、その名を聞くとは。
ロックフェラーの息のかかった銀行家の設定なんでしょう、映画の中まで、反トランプ陣営が暗躍しているとは、リアルすぎて、つい引き込まれてしまう。
こうやって、白人資本家は成り上がってきたのかと、エンターテイメントながら、つい意識が別のほうに持っていかれそうになり、たいへん奥深い。


対するは、阻害され、傷ついて生きてきたような、寄せ集めのワル集団。
粗暴で、荒くれだが、しかし、アメリカの源流を感じさせるような、そんな奴等。
村を救うため、大軍相手に、誰もひるまない、死ぬとわかっていても。
イ・ビョンホンもいい味出してるじゃないか。


もちろん、こんなに格好良いはずありませんが、おそらく立ち位置的には、この構図が、サンクチュアリ教会に当てはまると思ってます。
世界経済を掌握したい悪徳銀行家VSならず者集団サンクチュアリ


デンゼルワシントンからお呼びがあれば、ついて行きたいね、銃をもって。



映画『マグニフィセント・セブン』予告編

パシュート

オリンピック余話 パシュート


TVでも、オリンピック開幕前から特集が組まれ、当然、私は食い入るように見ることになり、期待感が高まるばかりの日々でした。
それにしても、なんで自分は、パシュート好きなんだろうか。
ふと、素朴な疑問が生じ、しかし、その疑問の答えは、ある日、いきなり降りてきたものによって、解明しました。


これ、そのまんま、「ゲッターロボ」だわ。


放映終了後、かなり経った頃の番外の話で、おそらく本編には収録されていない話があるのですが、特に、それが印象深く、記憶が蘇ります。


敵の手に落ちた新型ゲッターに対し、初期型の旧式タイプで挑む、ゲッターチーム3人。
まともに闘ったら、絶対に勝てるわけがない相手に対し、コンマ数秒のチャンスに、命を掛ける、リョウマ、ハヤト、ムサシ。
♪3つの心が1つになれば、1つの正義は百万パワー


あの順序、組み換え時が「オープン、ゲッツ」であり、ゲットマシン分離。
連続して、すかさず順序組み換え、そのまま形体変化。
「チェンジ!ゲッター2、スイッチオン」


そういう目で見ると、魅力倍増、対立しつつも、信頼し合う竜馬と隼人は、これも、まるで高木姉妹で、そのまんま投影してる。
まさか、本当に決勝でオランダを破るとは。


そうか、パシュートはゲッターの物語だったんだ。
ダビデ対ゴリアテの戦いと見ることもできましょう。
ダビデが、どのような心境でゴリアテに臨んだか、ここにもヒントがある。


海外よ、特に韓国、ゲッターを見よ!
仲間置き去りで、どうやって恐竜帝国を迎え撃つことができようか。



#18.スーパーロボット魂′99 ゲッターロボ! (影山、ささき)