ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

沈みゆく韓国

つい最近、夢を見ました。
韓国に洪水が押し寄せ、大量の紙幣が、海に沈んでいく光景でした。
すでに中国に首根っこ押さえられている現状を知れば、そのまんまの話で、べつに誰かに解いてもらうほどの内容でもないでしょう。
同じ日、北との会談もありましたが、抜け目ないあの国が、そう簡単にことを運ばせてくれるはずもなく、何の幻想も抱けません。


さて、仏壇の話
購入した仏壇に、仏さま、ご先祖さまが宿ってくださるようにすることを、「しんを入れる」、また、何らかの事情で手放したりするときには「しんを抜く」と、私の育った地方では言ってましたが、ところによっては「魂抜き」「お性魂抜き」などと言ったりするそうです。
つまり、それが成されていない新品の仏壇などは、ただの箱という扱いのようです。


実は、韓国に対して想う心情は、この比喩がなぜか、しっくりくると思いまして、つまり、肝心の「お性魂」はペンシルバニアへ居を移され、今の韓国は空の箱。


自分がこれまで感じてきた韓国は、もうどこにも存在しない。
もう幻想を抱くつもりもありません。何者かが、主人の居ない空の箱を乗っ取り、別の国に変えようとしているし、半ば成功したと言っていいでしょう。


昔は両班(ヤンバン)、今はその流れを汲む財閥、しかし、その財閥の驕りか、メディアに出てくるのは、ナッツ姫など、道を踏み外した外道ばかり。
韓流ドラマを見ても、人口からすれば一握りの、財閥子息か、その恩恵を受ける者たちのトレンディドラマや恋物語ばかりが席巻し、重厚な経済ドラマに至っては皆無。
底辺の人間にスポットを当てようともしないのは、いったい李氏朝鮮時代から、どれだけ進歩したのだろうか疑いたくなってくる。
そして、それをバビロン女が、蛇に操られながら微笑むという構図。


ああ、この国は、いまだ民主主義が成されていないんだ。
財閥が、いや、両班が、王族が支配する、そういう世界なんだ。


日本も、民主化を勝ち取るために、これまで多くの血が流されてきたし、決して平坦な道のりではなかったのは歴史が示すとうり。
それでも、松陰先生が、竜馬が、西郷が、明治の志士やそれに続く者たちが、決死の思いで乗り越えてきたこの世界を、自分は誇りに思う。

羊たちも沈没

昭和の時代、恐くて誰も近寄れない、鬱蒼と茂る、森に佇む一本の木
そこは、鬼太郎の棲む、ツリーハウス
時は変わって現代
自然破壊は進み、現代人は、それを見てこう言う
「こんな立派な森に、いったいどんなブルジョアが住んでんだ」


時代は進み、価値観さえ変貌を遂げ、その変化に自身を合わせていくのは至難の業。
変化に気づけず、歪んだこだわりが、組織全体に及んだとき、大きな反動となり、自らを死地に追いやることにも繋がる。
気づいたときは、時すでに遅し、癌細胞はすでに全身を蝕む。
家庭連合の問題は、こういう側面もあると思っています。


すでにネット化が進み、それを利用した数々の犯罪も多発。
近未来、それを評する未来人
「まだネットに頼っているからよ、早くテレパシー能力、開眼せい」


これだけは言えるのでは
どれだけ文明が進もうと、人の心は、2千年前と変わらない。
まだ、神様との関係修復に、けりがついていない。
いいかげん、家庭連合も、バビロン女に見切りをつけて、自身の幸せを追求すべきときが来ている。


こちらとしても、仲間を人質に取られているような心境なもんで、なかなか引き下がれない。


また時々、浮上したいと思います。


沈没生活

本当に久しぶりに、PCに向き合ってますが、いまだ多くの方が、訪ねてくださっていたようで、まずはありがとうございます。
そこで、軽くお知らせをしておこうと思います。
すでにブログ村会員で、足跡を残しながら、よく我が家に訪ねてくださっている方へは、敬意を表しながら、ほとんど逆訪問させていただいております。
そして、世間を知るうえで、大変見聞が広まり、共感することも多く、心情も満たされることが、なんと多いことかと、自身の勉強にもなり、感謝しております。
ですが、わたし、根っからの、ものぐさの気まぐれで、これからは自分のペースを保つため、訪問しつつも、足跡は若干控えさせていただきます。
これからも、皆さまの、よき愛読者であることには変わりありません。


さて、餅は餅屋・・・と言う様に、人にはそれぞれ得意分野があるように、おそらく人の世そのものが、全てがそのように成り立っており、それぞれが支えあって生き、構成され、それが、神様に通じる世界なのではないかと。
つまり、自分が出来ないことを、苦手な分野を、実際、誰かが戦っていてくれる・・
だから私も、だれかができないことを・・・
そんなふうにも、考えられます。


出発時の混乱があったので、このブログは、不特定多数の、内容もあまり特化しない形でこれからも行こうと思いますが、好意的に訪ねてきてくださっている方は別にして、かつて少し問題があったので、そうでないサンク会員に関して言いますと、もっと自身の活動に時間を注いだほうがいいのでは・・・


これからも、有意義な内容を提供していきたい思いにかわりありませんが。


そろそろ、本題・・・
そもそも悪魔の呪縛は、そう簡単に解けるものではないし、いったいこの文化そのものと、どうやって闘ったらいいか、途方に暮れる日々が続きます。
みなさん、どのくらい自分は、魔界の力から解放されていると認識しますか。
すでに借金を背負っているだけで、悪魔の術中ということです。
そもそも、キリスト教の価値観では、利息などという考え方は存在しないし、そう曲げられていったのは、ユダヤの価値観が中核となって、排除できずに来た歴史が存在するからで、我々人類には、おそらくそういうところまで掘り進んでいかなければ、真の平和は訪れないでしょう。


巧妙な魔界の歴史工作によって、歴史の大罪人は皆、不要な汚名まで着せられてしまっている始末で、なかなか真実に辿りつかせてくれない。
西太后の件もあるし、ヒトラーの件なども、実に奥深い。


おそらく国母であったろう西太后の失脚後は、蒙古族が駆逐され、漢民族が台頭、今の中国の原型が出来上がったとされますが、裏を知れば、まったくの陰謀だらけ。
イギリス人スパイとされる、西太后を悪女に仕立てたバックハウスの書物を未だまんまと信じている現代人は、過去の人物の幻術にかかったままと、言えなくも無い。
侵略、殺戮虚偽国家の原点に、悪魔の侵入経路を見る人物は、どれくらいいるだろうか。
ダーウインの進化論もそうですよね。
こういうことを堂々と学校で教えること事態、いかがなものか。


歴史の要所、要所に悪魔が知恵を巡らし、知恵者さえも翻弄し、あざ笑う。



怪奇大作戦, S.R.I. und die unheimlichen Falle - Theme Song