ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

日韓併合に何が

あたりまえの話ですが、問題の解決には、その原点にまで溯らなければ、突破口も見えてきませんし、真実を知ることもないでしょう。
しかし、その作業は、やっかいな勢力のおかげで、情報が操作され、なかなかたどり着けないのも事実。


世界を平和に導くには、全ての戦争の根本、聖書を溯って、失楽園の真相にまでたどり着かなければならないし、今あるやっかいな勢力の根本は、最低でも、ソロモン宮殿にたどり着かねばならないとも思っています。
そして、飛躍しますが、慰安婦や徴用工の問題は、日韓併合時にいったい何があったか、知るべき時がきているのではないでしょうか。


そもそも、日本の朝鮮統治は合法的に始まっています。1910年の日韓併合は朝鮮側(当時は大韓帝国)の要望によって、なされたものです。
そこに至る経緯として、当時、時代の潮流の中、伊藤は併合に反対しきれなくなっていった姿があります。


以下、プレジデントニュースから、要点だけ引用します。
詳細は以下 プレジデントオンライン / 2018年12月1日
日韓併合は違法"とする徴用工判決の奇怪- 記事詳細|Infoseekニュース


1909年、伊藤は満州・朝鮮問題についてロシアと話し合うため、満州におもむきました。そして、ハルビン駅で朝鮮の民族運動家、安重根に拳銃で撃たれます。
安はその場でロシアの官憲に取り押さえられました。犯人は朝鮮人だと随行者に告げられた伊藤は、『そうか。馬鹿な奴だ。』と一言いい、それから数十分で絶命しました。


伊藤は朝鮮併合を止めることができるのは自分だけだと考えており、自分が死ねば併合は免れないという意味で「馬鹿な奴だ」と言ったのです。


日本は朝鮮側政府の要望により、大韓帝国を合法的に併合し、合法的に統治をして、その近代化を支援しました。こうした日本の誠意が、現在の韓国の大法院の判決にも見られるように「不法」と罵られ、その「不法行為」に対する「慰謝料」を請求されることになるとは、当時の朝鮮統治に関わった日本人も想像できなかったでしょう。


引用おわり


身内の恥をさらすようですが、かなり前になります。家連(旧統一教会)の多くの会員が動員され、安重根を称える大会を行なったことがあります。
おそらく、韓国の誰かが、地位を利用して、日本人をそそのかしたのでしょう。
いや、今思えば、歴史的な腹いせだったのかも。
こんなもん、あの方の意思でもなんでもないぜよ。


考えてみれば、竜馬も、実は、徳川の生きる道を必死に模索していたことは、近年になって分かったことで、その矢先、その徳川の側から刃を向けられ、最後は、やはり同じような心境だったのかもしれない。
「馬鹿なやつだ」・・・と


イエス様を十字架につけたのも、無知なユダヤ人。
自分たちを、救ってくださる方であったのに・・・
後に、ヒトラーによる大迫害が始まる。


無知はすべてを滅ぼし、そのつけは、確実に自分に返ってくる。
恐ろしい教訓として、覚えておこう。

氷河期の僧侶

おすし屋さんに入った。
ガチャポンがあった。
目が釘づけになった。
心の中に、沈黙が流れた。
そして、なにかに憑き動かされるように、行動に出た。


なぜだ?
いや、なんなんだ? 


全4種のうち、其ノ壱「托鉢(たくはつ)」だった。
脳裏に、ある方の姿がよぎり、精神世界を彷徨った。


待てども、待てども、人は来ない。
待つのは人ではない。
ましてや金ではない。
待つべきは、悟り。
ただ、それだけである。


参考までに、其ノ弐は「念仏」


忍び寄る 極寒の睡魔。
己に勝ち、生きるか。
己に負け、眠りにつくか。
人生は、ただ二つ。
生きるか寝るか。
ただそれだけである。


其ノ参「作務」


拭けども、拭けども、雪は積もる。
そこに終わりはあるのか。
いや、ない。
自然に終わりはあるのか。
いや、ない。
修行に終わりはあるのか。
いや、ない。


其ノ四「座禅」


いかなる雪も、いかなる風も、己の外を流れるのみ。
唱え続けよ。
己の中に晴れ渡る
沈黙のかなたへ。


何のことか分からない方の為に、リンクしておきます。



まだ沈まない北と中国

以前、触れましたが、数年前、太田洪量さん (国際勝共連合元会長)が講演に来られたときの内容が、非常に気になってまして、あれこれ引用しながら書いてみたいと思います。


つまり、共産主義という悪魔は7数を越えられないという講演内容で、よって、プー(キンペー)も終了していくようなことを話されていました。
このときは、年数のことより、中国共産党中央軍事委員会の彼は毛沢東から数えて6代目主席だったので、7数を越えられないという話だったと思いますが、ところが、その後、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、国家主席の任期規定を撤廃するという憲法改正が採択され、とんでもない反則技を繰り出してきました。
つまり、永遠に6代目が続くという、凄技。こんなのありかよ。


年数に関しての考察は、以下、2018年1月15日号の思想新聞より引用したいと思います。


当連合創設者の歴史観 「共産主義は70年を超えられない」
 ここで故・文鮮明総裁のある発言を引用したい。「共産主義は70数を超えられない」というものだ。1985年の発言で、当時はソ連の全盛期だったから誰も賛同するものはいなかった。ただシカゴ大学のモートン・カプラン教授がこの発言をもとに、「ソ連共産帝国の崩壊」を発表した(世界平和教授アカデミー主催「世界科学者会議」)。
ベルリンの壁が崩壊したのはそれからわずか4年後、ソ連が崩壊したのは6年後である。ソ連建国から69年目で、まさに文総裁の「予言」が的中したのである。


 この予言が北朝鮮にも該当すると考えれば、建国70年目は今年の9月9日だから、それまでに崩壊するということになる。文総裁は他界しているから、そう考えるべきかどうかを確認する術はないが、現実はあたかもその通りに動いているかのようだ。
~引用おわり~


いや、残念ながら、まだその通りに動いていない気がする。


中華人民共和国の建国は、1949年10月1日とすれば、+70で2019年までに崩壊予定。
朝鮮民主主義人民共和国の建国は1948年9月9日なので、こちらは、2018年までに崩壊予定。ところが、今はすでに10月。文中にもあるように、北朝鮮崩壊予定は今年9月なのに、おかしい、まだ滅びてないぜよ。むしろ、ますます健なり。
ある方は、例の「南北統一宣言」を、無理やり、北朝鮮の共産主義放棄宣言と位置づける考察をされてましたが、自分には、どうしても北の赤化統一にしか見えない。
でも、やはりこれが、裏技ということだったのか。
中国も、さらなる裏技を用意しているに違いない。


講演当時の太田さんは、あえて人を安心させるためだったのかもしれませんが、座して待っても大丈夫のようなことを、語られてましたが、蛇はいろんな裏技を駆使して、延長させてる気がする。
滅んだ後、さらにパワーアップして復活というオチなら、とても笑えない。