ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

再起動 淳子姫

願望を込めてのタイトルですが、一周回って感じたこと。


姫を貶めたい人のタイプとして、教団問題に無理やり絡めて潰そうとする、明らかに確信犯的な左巻き。
あとは、この世の裏を知らない、マスゴミに誘導される人々。


ナントカ弁護士連絡会なんて、親玉が国連を舞台に、慰安婦のウソ情報で売国行為やりまくりなのに、よく教団に向って反社会組織なんて言えたもんだ。
それ言うなら、「貞子VS伽椰子」の戦いみたいなもんで、「どっちの呪いが、最恐か」のレベルで論じ合ったほうがいい。


当時、「洗脳」とか「マインドコントロール」なんて言葉も、よく聞きましたが、だいたい、この世の人間は全て悪魔のコントロール下にあるわけで、もし洗脳されていない人物がいるとしたら、それはイエス様くらいなもの。
こう書いてる自分自身、確実にコントロール下にあることを自覚しつつ、なんとか脱出しようと、日々もがいてるわけで、TVなどで偉そうに、その言葉を発している人間を見つけるたび「おまえがそれを言うか」と、常に感じてしまう。
当時は、有田芳生などが、いっぱしの識者扱いでしたが、特にお前は北の工作員だろが、これを登場させる局は、完全に洗脳状態じゃないのか?
もっと正確に言うと、在日左翼のコントロール下なんですけど、わかってます?


言いたいことは山ほどありますが、これくらいにしておきます。


さて、僅かな禄を食んで生きてきた我らと違って、当時、姫は、自分にとって、いや、全てのファンにとっては、まさに銀幕のスターでした。
よく、どこぞの宗教がらみの事件女優と、比較される場合もありますが、同じ括りにされるには、ちと違和感が。
例えば、同じ映画というだけで、黒澤映画「七人の侍」と、「マジンガーZ対デビルマン」を、同じ扱いにしているようなもの。


名も無し、潰して惜しい禄高も無しのわれらと違って、多くの名声を捨てて教団にきたことは、当時、同じ側にいた自分にとっては奇跡のようでしたが、今思うのは、本当によくがんばってくださいました、ありがとうとだけ伝えたい。
この、ワル対ワルの対決、あとはこっちにまかせて、ぜひ芸能界で、細々とでもいいので、自由にやっていただきたいのが、ファンからの思い。
今、教団は、見えない敵の調略に引っ掛かってしまったゆえ、退会しかお勧めできませんが、どんな状況だろうと、どうか、まわりは暖かい目で見守ってあげてください。
もはや、実の姉を気遣う弟の心情圏になってしまっている w