ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

狡猾! アグネス・チャン女

ファンとしての、きわめて特殊な感情ですが、なにも淳子姫を貶めたのは外側だけではない、教会側も有名人であることに気づいていながら、なにも手を打たず、むしろ有名人が来たことによって、喜び勇んで、あぐらをかいていたのではないか。


この如何ともしがたい戦いの渦中に、姫を巻き込んでしまったからには、ある程度の責任は感じてもらうぜよ。
今となっては、誰に向って言いたいのか、自分でもよくわかりませんが、現状、これだけははっきりしている。
混乱の大元、韓鶴子よ、責任は取ってもらうぞ。
早く姫を解き放て。
姫だけではない、多くの信徒を惑わし、未だ幻術から開放されない多くの友がいる。


以上は内向きの話で、話を変えます。


姫と同期という括りでいうと、私はぜひ、アグネス・チャンを知って欲しいと思いますが(別の意味で)、なぜならこいつは、ある意味、姫と対極にいる存在で、怪人軍団のひとり。
彼女は、日本ユニセフ協会大使も務め、慈善活動に積極的でしたが、この日本ユニセフ協会というのは黒柳徹子が親善大使を務めるユニセフ(国際連合児童基金)とは全くの別機関で、日本国内の一般財団法人。
で、ピンはねして、自社ビル建立したり、ひなげし御殿を建てたりで、いわゆる貧困ビジネスをやってたみたい。詳しくは以下のサイトを参考に。



小野寺まさる北海道議会議員に突つかれ、しどろもどろ。
遂に日本ユニセフではない、中韓が支配してる国連の下部機関であるユニセフの国際大使になったようですが、ということは、詐欺師から中共のスパイに昇格したということ。
香港のイギリス国籍で、いったい日本となんの関係があるのか、この人。
今、何やってるか全く興味ありませんが、こういう人の善意をもてあそぶ、売国の輩には注意しましょう。
古い動画ですが、関心のある方は、大変参考になります。



アグネス・チャン、日本ユニセフ協会めぐり自民党議員から詰問され沈黙…