ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

撃沈2

その昔、プロテスタント教会に通っていた時期がありまして、牧師さまに教わったことがあります。
旧約聖書に出てくるバアル神など、当時の人々は、預言者が現れるまでは、その存在こそが唯一絶対の神様であると信じ、決して、カルトな悪魔崇拝者たちが成すように、「ははあ、親愛なるサタンさま~~」と、頭を垂れ、敬拝を捧げていたわけではありませんでした。
おそらく、現在のキリスト者と同じような、礼拝に近い感覚であったと思われます。


たとえ悪魔の頭であったとしても、それを知らない人々にとっては、あくまで、絶対者であり、神様であり、生贄など捧げれば、五穀豊穣などの恵みさえ受け、人々の生活の中心に君臨しつづけるのでした。


さて、そういう事情を知るものとしては、この「神様」という言葉は、大変扱いづらいもので、身内以外では、あまり使いたくありません。
どのようにでも解釈されてしまいますから。
そして、過剰に使用すると、非クリスチャンから、こう言われるのがオチかもしれません。
「おまえんとこの神様は、強え~~か」
ドラゴンボールの世界が展開します。


多少、意味合いは違いますが、かつて、森喜朗内閣総理大臣(2000年当時)が、神の国発言で、内閣退陣に追い込まれ、「神の国解散」と呼ぶことが定着してしまった経緯も存在し、突っ込んで考えると、本当に厄介。
(挨拶文の一部だけを意図的に抜き出して曲解する、マスコミの異常さは常に際立つ)


上記のことを踏まえ、多少警戒しながら、外向きに書いてきたつもりですが、そこで、これは、あくまで個人的な感覚からですが、そういうキリスト教文化が浸透しきれていない、日本の事情に鑑み、さらに、歴史マニアの私の感覚からすると、当時、信長や秀吉に仕えていた配下が、親しみと大いなる尊敬を込めて放っていた言葉、「親方さま」「親父(オヤジ)殿」という尊称は、神様を表わすのに、非常に、しっくり来るものがあり、あまり深い思慮もなく、私も使用させてもらっていましたが、個人的には呼び名がどうだろうが、あまり関心がありません。
ただ、発信もとはどこか分かりませんが、気になる方がおられるようで、そこは謙虚に反省し、改めようと考えているところですが、このブログを読まないという選択肢も、手かと思いますので、お知らせします。
たぶん、同じお仲間なら「神さま」で、問題ないのでしょうが。


こういう件があったので、少し方向は変えていきたいと思います。