ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

虎穴に入らずんば

物事には、私たちには見えていないだけで、必ずや、見えない闇の部分に、真実が隠されているもの。
歴史を考察してみると、その時には知れなかった事も、後の歴史家が暴いてくれたりで、解明されてくる内容が多くあり、今を生きる私たちの参考になります。


坂本竜馬もそんなひとりで、討幕派と思われがちですが、実は裏で、徳川幕府が生き延びる道を必死に模索し、幕府側の人間とも必死に交渉していたようで、そんな事情など何も知らない幕府側の凶刃によって殺害されてしまうのは、ご存知のとうり。
竜馬という、生きる繋がりを失う幕府。
このことが、かえって倒幕を早めてしまうことになり、自分で自分の首を絞めるような構図が成り立ってしまいました。
私には、なんだか、森友問題が重なって見えてしまう。
全て明るみに出れば、結果的に森友問題で、野党が安倍さんを推す形になる。


さて、ネットサーフィンしてて、あちこち覗いてみますと、時々、統一教のことが書かれており、相変わらず、反社会的組織として取り上げられています。
まあ、いろいろありますが、根っこは韓国発だから・・・というところでしょうか。


昔、教会が無名時代、淳子ちゃん事件よりはるか前、遠藤周作が、TVで統一教会を賛美するような発言をして、反発したマスコミが、一斉にネガキャンペーンを張ったのが発端、悪名が轟いていったような記憶がありますが、実際の闇は、もっと深いと思ってます。
人を憎むのに、理由などいらないのと同じ理屈(深いところではあるのですが)。
最初から潰すのが目的で、理由など後付で十分というところなのでしょう。
これも、いろいろ歴史に重なるものがあります。


個人レベルで言いますと、それらのサイトの運営者に対してですけど、実に情報収集能力がお粗末くん。
そこから来る無知と先入観が、全ての判断材料になって書かれているため、内容に深みがなく、とうてい真実に辿り付けない。
近年では、江利川さんの謝罪事件が、ご丁寧に写真つきで掲載されていたりと、未だ、まるで鬼の首でもとったかの如くの扱いのサイトもあり、これに関しては、私も思うところがあって、ある面、仕方ないかと感じる部分もあるのですが、内容は、ほとんど森友問題を追及する野党レベルでした。


これ、森友と同じように、ここで論じていいのかなあ。
私なりの配慮で、以前、この問題は放っとけばいい・・・と書きましたが、これ、家庭連合の人もつついてる人がいて、もう身内の恥という感覚でなく、邪教に落ちたオバハンという感覚なのでしょうか。
私は、呉越同舟だと思ってますが。


こういうのって、森友や加計と同じように、必ず裏があるんですよ。
若旦那の銃器の件も、そうとうな歴史背景を抱えての発信ですし、「セーラー服と機関銃」のように、そのオバハンに「か、かいか~~ん」とやって欲しかったんですかねえ。
ほどほどにしないと、全てブーメランで返ってきますよ。


この事件の背景は、すでに分かっている方は分かっていますが、詳細はここでは書きません、がんばって推理してみてください。
というか、もう公表されたも同然なのですが。
私は放っておく道を選びましたが、公表する道を選ばれた方もいるので、ぜひ参考になさってください。




あらためて森友

選挙を前に、記者から「森友の件はどうなんだ」と、未だ突っ込まれている安倍総理の姿を、TVでみつけました。
てっきり、これ、もう終わっている話ではと思っていたので、少しびっくりしたのですが、もしかして、本当にマスコミは、未だ事の真相に、辿りついていないのではないか、私は別の意味、そのレベルに驚いており、民進党やらが、未だ、遠吠えのように叫んでいる姿をみても、やはり、辿りついた者は、まだわずかなのか、あるいは拡散されていないのかと不安を感じたので、振り返って、少し触れていきたいと思います。


そもそも事の発端は、野田政権下、橋にも棒にも掛からなかった幼稚園を経営している森友が、小学校に進出したいということで、手を貸したのが、野田政権の文部科学大臣 平野博文で、感謝状やら何やらをやってた。
この時点で、野党とは、もうズブズブの関係で、元凶は野田政権、他人事を装う野党の姿勢が、まずおかしい。


その後は、さんざニュースになったので、いまさら書きませんが、問題のキーワードやキーマンは、忖度でもなければ、昭恵夫人でもない。
そもそも、最初から、安倍潰しに適した薄っぺらい脚本ありきの事件だったので、問題の論点、根っこが何であるか、誰もわかっていなかった。
ところが、これが、とんでもない代物であることに、やがて気づいていくことに。


本当のキーワードはこちら、
辻本清美、辛淑玉 関西生コン、のりこえネット、部落解放同盟、在日ヤクザ


辻本も、最初から全容を知っていたわけではなさそうで、意気揚々と現地視察に行ったら、産廃系の同和が絡んでいることに気づき、事の真相に青ざめたことでしょう。
一斉に手を引き始めます。
ところが、馬鹿な民進党は、状況も分からず、籠池メールご開帳まで突き進んでしまい、未だ、分かっていなさそう。


マスコミ、あるいは民進党(分裂しましたけど)、どうするつもりよ。
安倍潰しに乗っかったはいいが、同和と在日、ヤクザの問題を視聴者に説明するなんて、出来るのか?
マスコミは、これを突く覚悟があるのかねえ。
触れてはいけない関西の暗部、謎の死を遂げた業者が、すでに2名出て、菱形は降臨してしまったようだし。


キリスト教のカテゴリで、なぜこの問題を上げたかといえば、敵対するマスコミのバカさ加減を暴いていくうえで、ちょうど参考になるのではないかと思ったので書いてみました。


かなり前ですが、実に的を得たのがありますので、貼っておきます。


進化する太郎

北朝鮮、そして中国の侵略、日本は今、未曾有の危機に瀕している。
この状況を認識している人は、「大義なき解散」などとは、誰も言わないだろう。
間違いなく、これは、危機突破解散である。


度重なるスクランブル、核の脅威、アレのおかげで行動を制限され、難しい判断が迫られているが、我らが防人たちの活躍によって、私たちは枕を高くして寝ていられる。
アレが中途半端なおかげで、北も中国も調子に乗り、ここまで来てしまった。


野党はいつも、お花畑の空論で、反対、反対、もしくは先送り、先送り。
森友や加計で騒いでいる裏で、侵略国家はやりたい放題だったのを、いったい、ご存知なのだろうか。
9条は、モーゼの十戒かよと、もはやこれは信仰とも言えるし、そうなると、我々は信仰者と戦うことを想定しなければならない。


さて、太郎も外遊先で、解散の話を聞いたようだが、ちゃんと正論を言っている。
弾道ミサイル発射を繰り返している時期だったので、「北朝鮮が何かをやるから、何かをやめるというのは、北朝鮮の脅威に屈することになる。万全の態勢をとっておくことは大事だが、だから何かをやらないということにはならない。」
と、記者の質問にコメントしていた、至極ごもっとも。
その調子で、河野談話を上書きしてくれないか。


そういえば、ジャーナリストの長谷川幸洋も、最近、何かに目覚めてしまったのか、正論を吐きまくっている。
同じ屋根の下にいる、望月イソ子の件も、軽くアホ扱いしてるし。
私が知ったころは、こんな人じゃなかったはずなんですが、太郎と同じで、だんだん好きになってきた。
東京新聞の論説委員だし、そのうちクビになるのではないか心配。


みんな、目覚めのときを迎えているのかなあ。