ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

銃と刀と私 ボルテスV編

国の違い、文化や歴史の違いというのは大きいもので、なんだかんだ言っても、アメリカ発の内容を、日本に伝えようとすると、誤解は生じてしまうもの。
しかし、同時にそれは、日本から他国へも、同じことが言えるということ。
銃の件があったので、今回は、フィリピンを例にとって、刀で考えてみることにします。


今でこそ、帯刀は禁止されているものの、刀を見れば、日本人の心の中に、侍としての魂を見出す方も多いのではないでしょうか。
実際、日本刀というのは、他国の武器としての刀とは、大きく異なっていく歴史があります。
まず、制作工程が、まるで違い、芸術品とまで言われる所以は、その工程の多さと、出来上がるまでの時間が、半端でなく、職人の魂が込められていきます。


西洋の刀は、見た目は凄いのがありますが、戦闘になれば、すぐ折れ、使い捨てです。
ところが日本刀は違うのです。名刀は折れない。
真玉 焼けども熱せず、宝剣 曲げれども折れず。
強さと、美しさ、これに魅せられる外国人が、なんと多いことでしょう。
これら、下知識を受けて、書き進めます。
時は1978年、マルコス独裁政権下、日本アニメ、ボルテスVがフィリピン上陸。
最高視聴率58パーセント、脅威ともいえる大反響。
時間帯になると、公園には子供の姿が、まったく見当たらなくなったそうです。
しかし、これを受けて、反日活動家が動き始めます。
そして、ボルテスVは放映中止に追い込まれることに。


必殺武器「天空剣」は、日本刀を連想させる、軍国主義復活の象徴である。
子供達を洗脳してから、日本軍が上陸しはじめる。
理由は、そんなところですが、本当のところ、10年以上続いた戒厳令下のマルコス政権は、正義の力で悪を倒すというストーリーが、反体制運動に繋がるのを恐れたと言われています。
しかし、その後、民主革命が起こり、マルコス独裁政権は終了、アキノ政権が誕生しました。
なんだか、ボルテスVのストーリーに似てる。


1999年の再放送では、再び反響が起こり、40パーセントを記録。
おそらく、当時子供だった大人が、後押ししたのでしょう。
いや、放映中止になり、最終回を見れなかった、恨みの爆発かもしれません。
そして、主題歌を歌う堀江美都子さん、30年後の記念ライブでは、国賓級の扱いだったそうです。


さて、私がトータルして言いたいことは、国や文化が違うと、価値観まで違い、特に、銃や刀といった戦争をイメージさせやすいものが絡んでくると、本当に伝えたい内容が曲げられてしまう場合があるということ。
発信者の本意を、よくよく注意して、読み取っていただきたいと思います。


ちなみに天空剣は、日本人の正義の心を象徴するものです。
教会での、すばらしい歌声を、ご賞味あれ。



VOLTES V


シビルウォー

前の稿で、「よほど大きな事件でも・・・」と書いてましたが、書いてる先に、でかいのが起きてしまい、家庭連合のみなさんは、どう感じるのでしょうか、興味があります。
まだ知らない方は、サンクチュアリの上位ブログを、ご確認ください。


さて、前稿のつづきから行きます。
正装しての、銃器を構えた写真の件ですが、補完しておくことがありました。
この、正装というところに、意味があるからです。


おそらく、一般的な判断では、「宗教者なのに狂ってる」とか「暴走してる」
そんな言われようなのでしょうが、私に届いたのは、これも違うメッセージでした。
悪魔に対し、正式に、教団として迎え撃つ、そういう姿勢と覚悟の公表だったのです。
これが本来の、キリスト者の姿だということです。


ブログの紹介欄にも書いたとうり、世界は今、二極化され、おそらく多くの方は、どちら側についていいか、判断しかねているのではないかと思います。
トランプ側なのか、そうでない方なのか
安倍政権なのか、そうでない方なのか
キャプテン・アメリカなのか、アイアンマンなのか


一気に結論を書きますが、私の考え方は、はっきりしています。
敵の敵は友。
それに、少しばかり、敵のことは知っています。
昔、お世話になってきた、ご主人様でもありますからねえ。


随分、寝ぼけながら歩いてきたもので、そんな敵に、銃口を向ける方がいることに、ようやく気づかされました。
世界を戦争と混乱に導こうとしているのは、間違いなくグローバリストの偽ユダヤです。
そして、その対極にいるのが、若旦那なのです。


教団出発当初は、信徒救済のため、救命ボートの摂理を進めてましたが、今は完全に意識のウエイトが、巨悪に対する方に向いてます。
それにしても、家庭連合の立ち位置は、この巨悪に対し、非常にグレーな存在で、断片的な情報ですが、どうも調略されたふしもあります。
自ら、銃を抜くこともできず、どこに銃口を向けていいか知らず、それを構えた写真ごときで、大騒ぎしているくらいですから。
もちろん、正道を貫こうと、がんばっておられる方もおり、敬意を持ってみていますが、教団としてみた場合は、戦線離脱と捉えるしかないのです。


敵の敵は友
さて、キリスト教のみなさん、仏者のみなさん、そして、ドリーマーズのみなさん
そろそろ、出番じゃあないのですかねえ


「待ちに待ってた出番が来たぜ、ここはおまかせ、逆転~イッパツマン」
名乗りをあげる方に、エールを込め、逆転王のテーマを貼っておきます。



【ピアノ】嗚呼!逆転王 (タイムボカンシリーズ 逆転!イッパツマンより)


銃と刀と私

各教派、考え方の溝も深くなり、それぞれが、一応の居場所を見出し、なんとなく落ち着いたというか、冷戦時代に突入したような気がしますが、今は、この流れを見ながら、各自の立場で進むしかなさそうです。
よほど大きな事件でもないかぎり、このバランスは、それほど変わらないと思ってます。
夫が家庭連合、妻がサンクチュアリ、あるいはその逆。
そんな家庭は、象徴でもあり、何家庭か知ってますが、お互い、愛するがゆえ、必死なのでしょう、攻撃の手を決して緩めることはしません。


少し内向きなところから入りますが、ご容赦ください。
一般の方は、内戦に巻き込まれないようにね。
以前にも書きましたが、ひとつの状況に対し、受け手によっては、まるで違った解釈になってしまうという、そんな話も交えていきたいと思います。


少し前、物議を醸し出した、ペンシルバニア在住、わが若旦那夫婦の、ライフルを持った写真と、ナイフを構えた写真。
これに関しては、ボロクソ書いているブログも承知していますが、私の受けたメッセージは、かなり違います。


まず銃の方ですが、いわゆる拳銃というハンドタイプではなく、多少連射もきくライフルであるということ。
ジェームズボンドのように、ワルサーやベレッタ、オシャレな写真で決まっていれば、多少、話は違っていたかもしれませんが、この意味合いは実に深いと思っています。
物事の状況に、意味の無いことなど、何一つ無いというのが、教わってきたところでもあるので、熟慮してみました。


何やら自衛という以上のものを感じ、もしかして、万が一、グローバリストに国を奪われたなら、本気で奪還しに行く覚悟があるのではないかと。
アメリカの良心を舐めてはいけない。
銃器を否定したら、最後はオース・キーパーズが動き出しますよ。
詳しくは、サンクチュアリの作左衛門さん「つるぎを投げ込む」を参考にされたらいいと思います。


ああ、こんなのが揃っていたら、訓練された兵士がいたら、中国に、あの方の祖国は奪われることも無かったであろうに。
そもそも仏教は、戦う教えではなかったであろうし、悪魔共産主義の本質を、全く知らなかった。
ダライラマの無念が、ひしひし伝わってきたのです。


個人の感想ですが、一般の家庭連合の方と交流していると、良心基準も高く、実に平和的で日常的なのですが、しかし、その感覚からの答えは、親分家庭は、そもそも同じ家庭なのだから、いつか仲直りする日が来るし、分かり合えると信じている、兄弟だって同じ。
そう思ってらっしゃる方が多いような気がします。
しかし、より深い、宗教的観点からすると、そこは否定しておきます。


なぜなら、若旦那は、絶対、韓鶴子を許さない。


ライフルと、必殺の文字が刻まれたナイフを見て、ようやく理解しました。
神様を冒涜し、わが兄弟姉妹を惑わせた、わが母よ。
悪魔に取り込まれし、お前よ! 必ずや、殺しに行くぞ。


実の親に、刃を向けるしか道が無かった、悲痛な心中と、ゆるぎない神様への忠誠。
必殺の文字に、男の覚悟を捉え、絶句するしかありませんでした。


皆、なにを温いこと言っているのか、あの方は、本気で世界を救おうとしている、国家を超越した宗教人であり、一般人、あるいは韓国人ではありませんよ。
だから、ジョージ・ソロスや反トランプのグローバリスト連中に喧嘩売ってる。


気づくのに時間がかかってしまいましたが、どうやら若旦那は本気らしい。
こんなの見せられれば、こっちも少しは気張っていかんと、オヤジに申し訳が立たたなくなってしまった。