ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

キリスト教に思う

日本のキリスト教について、思うところを少し。
ある友人から聞いたのですが、先進国の中で、唯一、キリスト教の宣教に失敗した国が日本である・・・と。
たしかに、日本におけるキリスト教宣教は、徳川幕府の弾圧でいったん途切れ、明治になって、ようやく信仰の自由が回復したという、血の歴史があります。
その後、アメリカなどからキリスト教文化が、勢いよく入ってきたものの、キリスト教の伝道そのものが大きく展開されたわけではなく、現在に至っているのは周知のとおり。


それはそれとして、私が一番違和感を感じるのは、日本と、特にアメリカですが、信仰感に、かなり隔たりがあるということ。


例えば「銃」に対する考え方。
議論はありますが、本来のキリスト教というものは、悪に対し、絶対に許すまじ・・・という考えのもと、旧約聖書にもあるよう、時には武力を使ってでも、展開してきた教えだと思ってますが、それが国家として成立したのが、アメリカ。
多くのキリスト教系団体が、銃の所持を支持しているのをみても、おわかりで、先の「サタンに立ち向かえ」の著者、C.S.ロベット氏も、軍人です。


ところが、戦後、日本の教会は、がっつり左翼思想に飲み込まれてしまい、何が悪か分からず、政治への関与の仕方が、とても偏ってしまいました。
本当に残念でなりません。
すばらしい伝統がある教会が、いっぱいあるというのに。


結論を急ぎますが、ただただ、私はこの辺を憂慮しており、本来、平和的な日本の信仰者として、立ち位置だけはしっかり確保し、間違った考えに染まらないよう、祈りたいのです。
私はこれから、グローバリズムに潜むサタンと戦っていくことになりますが、関心ある方は、どうかお付き合いください。



サタンに立ち向かえ

本の紹介です。 著者 C.S.ロベット


警告!
このことは前もって話しておいたほうがいいでしょう。サタンははっきり言って、この本を憎んでいます。サタンは、あなたにこの本を読んでもらいたくないのです。この本を読むとき、あなたの人生にどういうことが起こってくるかを、サタンは知っているからです。


冒頭、そう始まるこの本は、すでに絶版となってますが、サタンの正体を実に的確に捉え、生活の中で、どう戦うべきか、核心を突いた内容となっています。
私は、教会長さまから紹介され、読む恩恵に預かりましたが、こういう良書の辿る運命として、必ずサタンの力が働いて、絶版に追い込まれてしまう話も、お聞きしました。
「頼み込む」というサイトがあるらしいので、いつかみんなで、再販を叫んでみませんか?


ところで、私の今後の作業として、悪を暴いていく・・・などと、偉そうなものではなく、すでに悪魔の本質を捉え、暴いてくださっている各界の先人、先輩がおりますので、その知恵や知識を、可能な範囲で公表し、提供していくだけだと思ってます。


現実世界において、悪魔は今、どこに居を構え、作戦を決行しているか。
おおよそ検討はついた部分もあるのですが、検証はまだまだこれから。


すでに先陣を切って、闘い挑んでくださる方がいればこその自分であり、そのことに深く感謝しながら、次に続けたいと思います。


残念ながら、悪の繁殖は、瞬く間に展開されるものの、善の繁殖は、あまりにもスピードが遅く、憂慮せざるをえないのが現状。
いつか、起死回生の一石になればと、願ってやみません。


闇に挑む イルミナティ編

以下は、かつて別の交流サイトで発信した内容です。


悪魔は様々なところに、種をまいて、現在に至っていることに気づかされます。
イルミナティとは何でしょうね
それに挑むというというのは、文化そのものに挑むようなもので、まずは、それが何なのか、知ることから始めるしかありません。


秘密結社の名前なのですが、私はその昔、オカルト路線に走るのを嫌い、考えるのをやめ、自ら封印してきたいくつかの存在があります。
共産主義という巨悪を前に、それ以外の敵に関わる余裕もなかったし、無駄にも思えたからですが、しかし、昨年、キャンプセミナーで、どうやら解禁のサインを受けたようで、悪霊のたむろする闇に目を光らせることにしました。


すでに、きっかけはいくつかありましたが、ニコラスケイジ主演の映画「ウイッカーマン」あたりもそうでしょうか。
不気味と嫌悪感に包まれた本作から、悪魔崇拝の源流を辿る私の旅が始まりました。
ローマ軍を追い返したとされるケルト民族。
溯れば、フェニキア人の存在が浮上するのですが、キリスト王国時代の影で、しっかり悪魔は種を残し、現在まで機会を伺ってきたのが感じとれます。


ハロウインの起源は何でしょう?
クリスマスはイエス様と関係あるのでしょうか?
もしクリスマスを祝って、神様を感じるのであれば、それならば、それでいいと思っていますが、一般的にはあまりそうでないので、毎年来るシーズンを前に、我々は一応、知っておいたほうがいいかもしれません。


イルミだけではありません、いくつかの組織の存在。
アウシュビッツで人が焼かれている最中、豪遊ができた偽ユダヤ人。
文化大革命を起こさせる為、毛沢東に資金を投入した連中。
金の流れを中心に見ると、だれが大戦へと誘導していったかも炙り出され、別の視界が開けてくるのが分かります。
共産主義さえ手玉にとり、世界を支配しようとしている組織は確実に存在し、決して表に出てこない様は、まさに悪魔で、おそらくこの辺りが敵の本丸。
この社会に構築されたシステムのようなものを使って隠れ、我々はイルミ連中の洗脳を受けてしまっているから、容易に見抜けません。
実に、知るというのは戦いだと、最近感じるようになってきました。


近年、世界3大悪女とされた西大后の本当の姿が解明されはじめました。
悪女のイメージを植えつけた大元は、あるイギリス人の出版した本によるものですが、このイギリス人の正体が、実は、清朝滅亡の工作員だったことが明るみにでたからです。
いったい何年たったでしょう。
こんな手法は序の口で、イルミはもっと高度な術を使って、我々を翻弄します。


ただ、結論としては、単純なのかもしれません。
それが神様からきたものか、そうでないか、源流が何であるかを見極めればいいのですから。
実際のところ、金、金、金、すべて金です。
イエス様を売ったのも、それ。
「人はパンのみに生きるにあらずや」
なけなしの聖句が、頭を駆け抜けていきます。
イエス様は、こういう連中に斬りこんでいきたかったのだと、こんな恐ろしい敵と戦っていたのだと、つくづく思わされています。


待ってろ悪魔、追い詰めてやるぞ・・・
の意気込みで、これからもいきたいと思います。