RAIKOU のブログ

赤い侵略とグローバリズムから皇国日本を守る

あるキリスト者の個人ブログです。二極化された世界構図を前に、いかに天道に沿って生きるべきか、思索を深める一助になればと思います。

トランプ無双

つい明るいニュースを探してしまい、罠にかかることも。
すぐ削除し、ここにありませんが、以下は重要。



聖なる残党「鉄の杖王国・序章」プレゼンテーション 2020年4月11日(土)キングスリポートより
<2016年の摂理的選挙>
2016年に選挙がありましたが、もしもヒラリークリントンが当選していたら、継続して政府は中絶に資金提供していたでしょうし、憲法修正第2条は完全に取り去られて反キリスト教アジェンダが政府によって全国的に促進されたでしょう。驚くべきことに、奇跡的にトランプが当選しました。
トランプ大統領と類似するエヒウ王(イエフ)という、とても良い王様がいましたが彼は、沢山の神の預言者たちを殺し子供の犠牲を始めたアハジヤ王とイゼベル王妃に追い出されます。(列王記下9章)彼は悪の支配者に追い出されました。
トランプは彼と同じことをデイープステイトに対して行っています。これはまた他の議論です。
彼は福音主義のクリスチャンのサポート無しに当選できませんでした。ですから彼が当選したことを神様に感謝します。


<2020年の摂理的選挙>
しかし、もう一つの摂理的選挙があります。とても重要です。その選挙は11月に行われます。私たちは選択しなければなりません。政府が言論と宗教をコントロールする事に対し、言論と宗教の自由です。
またもう一つの選択は、納税者たちが胎児殺しに資金提供するのか、命の権利なのか。そして、銃のコントロールと没収対、自己防衛の権利の選択です。社会主義のコントロール対、個人の財産の所有と自由の選択です。これはとても重要な選挙です。


とりあえず、建国以来の愛国者と、日本では銃器ファンくらい立ち上がってくれ。
男塾が総力を挙げて送り出した、最後の希望を背負う男のために・・・



イメージです。

ボーカル・ショップ「荒野の少年イサム」

一文字流斬岩剣 この世に斬れぬものは無しッ‼

真玉 焼けども熱せず、宝剣 拗(ま)げれども折れず
一文字流斬岩剣 この世に斬れぬものは無しッ‼


真玉焼不熱 宝剣拗不折
意味:真の玉は、いくら焼いても熱くならない。宝剣は、いくら曲げても折れない。同じように、真の人間は、決して屈しない
~唐の詩人、顧況(こきょう)より~


アジアが赤い龍に呑み込まれ、政治的に韓国も陥落した以上、あまり悠長なことは言っていられなくなってきた。もはや頼れるのは、靖国の英霊を背負う侍たちしかいない。
これから、日本を取り戻すためには、侍たちが必要なのにも気づいてきた。


内向きですが、言っておきたいことがあります。
どれだけサンクが息巻いたところで、最終的に、英霊を背負う愛国者と歩調を合わせない限り、霊界の後援を受けることはできないし、巨悪である中国に立ち向かうことはできない。
それに申し訳ないが、たとえサンクの要人だろうが、売国奴を許すことはできない。
今思えば、これまで江利川さんが自由闊達に頑張れたのも、日本人として背負うべきものを、何一つ背負っていないからで、要は、背後に靖国の英霊の存在を、全く見つけることができない。無国籍。根っこがない。WGIPにも汚染されている。
多くの在日保守に見られる特徴で、全てを悪く言うつもりはありませんが、最終的に大陸の血が優先されて迷走、世間から信用されることはない。


残念な人、西田昌司議員とも同じ匂いがする。
●全日本仏教会の集票力頼みで魂売り、推薦の見返りに「靖國参拝反対」誓約書にサイン
●ヘイト法案 在日コリアンを守る為と明言(川崎は今、逆ヘイト)
●女性宮家設立を推進とも取れるYouTube発言
(今、左翼は戦略を変えて、女系天皇を持ち出し、皇室解体を目論んでいる)


森友の時など国会でがんばってたし、私もそこそこ応援していたのですが、どこでどうなったのやら。靖国反対、有田芳生と握手、やはり半島の血筋ということなのか、どんどん正体がバレテいく。そのように日本サンクも同様。現実は甘くない。
立ち位置は間違っていないが、霊界の後援を受けるには、多くの問題を抱える。


それぞれが早くWGIPから脱し、正しい歴史を探り当て、自分らの先祖がどこから来たのか、向き合っていってほしい。
結局、自分を解放するのは、他者でない自分でしかないことに気づくはず。


資料 
雪の校庭が一号生の血で一面鮮血の海と化したという男塾二・二六事件。無期停学となっていた男塾二号生筆頭 赤石剛次の極意。

沈みゆく韓国7 38度線南下(付録:志村さん追悼)

ついに韓国総選挙で、「巨大与党」が誕生してしまった。


文政権圧勝で87年民主化後初めて総議席の5分の3を占める巨大政党が誕生した。朝鮮半島赤化統一のお手並み拝見。日本は38度線が対馬まで降りてきた事を認識し民主主義陣営として自由と人権を守る気概を。今後どんな理不尽な要求が来ようと無視。難民も一切受け入れるべからず。
4月16日 門田隆将@KadotaRyushoさんのツイッターより

このように、いよいよ日本は「38度線が対馬まで降りてきた事」を、現実的に受け止めるときがきたようだ。
もう、お花畑に住んでいようが、いまいが関係なく、この大津波は全体に及ぶ。
いまだ統一教会・極左代表の奇知外tomyは、「韓流の第2ブームを巻き起こすべく」と、ブログ紹介で日韓交流をうたっているが、売国奴が何をのん気なことを。いったいどこまで時代錯誤で、世を惑わせれば気が済むのか。
そんなもの来るどころか、時代は日韓断交に向かっているし、入国制限などで、すでに現実的には断交に近い状態であり、今後さらに交流は遮断されていくはずだ。
憲法改正を除く立法活動で、ほとんどの権限を行使できるようになった文政権とその方向性では、もう日本との修復は完全不可能であり、日本人にとって、断交こそが身を守る最後の手段となる。


それに、もしコロナが収束したとしても、これから経済難民に加え、赤化からの避難民、なかには工作員まで紛れ込んでくるはずで、これからは難民を送り返す「護送船」も必要になってくる。生命、財産、文化、それら全てを守るため、日本政府には、断固たる処置をとっていってもらいたい。
中韓は本当に世界をいろいろ引っ掻き回してくれる。



志村けんさんは、中国ウイルスの尊い犠牲者であり、私は中国に殺されたと思っている。
少し前まで、TVで活躍されてたのに、数日後には小さな箱の中。
これが現実なのかと思い知らされ、本当に悲しくなる。



ドリフのコント(志村とメッチャ可愛い桜田淳子の夫婦生活)