ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

奥の手、血染めの黄熊(プー)

中国の元首は国家主席であり、この任期は現在、最長で2期10年ですが、これが無期限となることが事実上決定されました。
近平は2023年に任期を終える予定ですが、今後は終身の国家元首となる可能性があります。少なくとも3期目の就任は確実視されており、内外の強硬路線が一段と強化されることは間違いありません。国内では人権弾圧が激化し、国際社会においては国際法を無視した挑発的な行為がさらに増すことになるでしょう。


上記の決定は、中国共産党の最高指導機関である「共産党中央委員会」で2月25日に発表されました。国家主席の任期は憲法で定められていますが、これを撤廃する改正案が発表されたのです。
~国際勝共連合サイトより~


ということで、すでに11日、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、国家主席の任期規定を撤廃する憲法改正が、採択されたようですね。
この憲法改正により、国家主席の任期を2期までとする規定は撤廃され、プーが生涯にわたり地位を維持することが可能となった。


数年前、太田洪量さん (国際勝共連合元会長)が講演に来られたとき、共産主義という悪魔は7数を越えられない、よって、プーも終了していくようなことを話されていました。これは年数のことを言っていたのか、中国共産党中央軍事委員会(彼は毛沢東から数えて6代目主席)のことだったか忘れましたが、ただ、今思えば、そんな甘いものではなく、むしろはかない願望に近かったのかもしれません。


なんせ、こんな奥の手があろうとは、反則技を持ち出されるとは、当時、誰も気づくことができない。
そして私は、このまま、放っておいたら、赤い悪魔が世界を席巻し、人心は荒み、自然は破壊され尽くされ、法の秩序も曲げられ、将来、地球そのものが、人が住めない惑星となってしまうことを危惧しています。


中華思想、中国人の背後にいる悪魔の存在は、すでに福沢諭吉先生も暴いていた。
やはり、悪の帝国、地上の癌細胞を駆逐していくには、座して待つというわけにはいかないことに、改めて気づかされています。


天の父よ、どうか日本をお守りください
どうか、ひとりひとりが虹の男となって、戦うことができますように
どうか、世界の平和をお守りください
み名が聖とされますように
み国が来ますように
み心が天に行われるとおり地にも行われますように
 国と力と栄えとは限りなく汝のものなれば成り


人非道に、ますます磨きがかかって来ている現状を、知れば知るほど、祈らざるをえない心境です。



【羽生結弦】羽生結弦愛用のプーさんのティッシュケースはどうなる? 中国のネットで「くまのプーさん」が検閲対象に。 #yuzuruhanyu
ドラえもんの「ジャイアン」も中国では検索不可になっとるぜよ(似てるから)。
ぬいぐるみにモザイクって、どうなってるのよ、さすが、北朝鮮の親玉というべきか。

光の柱、空にかけたる虹の夢

新潟県上越市内から魚沼へ抜ける道で、周りを田畑に囲まれ、地平線まで一直線に伸びる道路があり、ある日、そこを走行中のこと、前方真正面から、それはまるで、火の柱のごとく立ち塞がったのでした。
2012年、偉大なあの方が聖和される少し前の出来事で、聖和前日の虹の写真も、これとは別にあります。


明らかに、これはメッセージだと感じ、身が振るえました。
「私の知らないところで、いったい何が起こっているんだ?」
「この先に、いったい何があるんだ? 何を知れというのだ」という思い。さらに、
「そうだ、それでいい、そのまま行くのだ」という、諭されるような安堵感。
聖和されたのは、そう思った翌日でした。


こんなの受け取っておきながら、その後、毒酒事件に巻き込まれることになってしまい、「俺はいったい何をやっているんだ、結局、教会長がいなかったら、自分からは何もできないじゃないか」と、改めて、自身の能力の無さを噛み締めるだけでした。


その後、二代王が沈黙を破られ、巨悪に切り込んでいくことに。
お供させていただきます。

サンクチュアリ教会

このブログは、基本的に、教会との接点がない方などへ、外向けに発信しており、教会としては、すでに天が用意した、必要なサイトが存在しており、上級者は、ぜひ、そちらへアクセスしていただきたいのが本懐で、重複を避けるため、ここでは、極度な会員向けの内容は控えていこうと思います。
しかし、ここに訪問してくださった方には、ぜひサンクチュアリ教会に関心を持っていただきたいし、何より幸せを掴んでもらいたいと思ってます。
きっと、各人が、世界への扉を開けることに繋がるはずです。
そして、それが、このブログの目的の1つでもあり、探求の中で、善悪闘争の世界構図に気づいたならば、必ずや、神様に出会い、自分はその中で何をすべきか、考えることになるでしょう。
無知から「知」へと至る道こそ、自らを縛る術を解き、自由へと繋がる道だと思っています。各自、道を探していただきたいのです。


さて、みなさん、未だ、小保方晴子さんは、とんでもない詐欺師と思ってませんか。
その後、ハーバード大学が、STAP細胞の作成方法に関する特許出願を各国で行ったり、スポンサーはロックフェラー財団の幹部で、この研究が欲しい組織が激しく暗躍し、彼女を嵌めたことに気づいた人は何人いますか。
こんなところにまで、イルミナティの名が浮上し、まるで「死ね死ね団」、知らない人はすでに、それだけで術者サタンの手の内なんですよ。
電通がNHKを乗っ取り、反日教育やってるの知ってますか。
森友問題の核心は何だか、知っていますか。
トランプは何と戦っているか知っていますか。
統一教会(現家庭連合)が今まで、なんで叩かれてきたか知ってますか。
そして、サンクチュアリは、なぜ、そこと決別し、何を敵として迎え撃とうとしているか、ご存知でしょうか。
大事から小事に至るまで、肝心な真実は、全て歴史の中に埋もれ、世の中、裏を知らなければ、分からないことだらけです。
裏側にいる術者サタンの存在を知らなければ、永遠に、そのカラクリを知ることはなく、自らを解放することも出来ないのです。


私は常に、「追え、探せ、破壊せよ」と、見えない力に突き動かされながら、内なる叫びの要請に従って動いてきましたが、今、この時代に至って、旦那や教会長との出会いで、ようやく光明が見え始め、大いなる喜びの中にいます。


どうやら本格的な戦闘は、これからの予感ですが、敵は巧妙で、対峙するのは実在の組織だけでなく、内なる魔物とも向き合わねばなりません。
皆さまにも、大いなる福が訪れんこと願っています。


下の写真は、神様の、まぎれもないメッセージでした。
2012年、あの方が聖和される、少し前の光景で、私には、特別な意味があります。