RAIKOU のブログ

赤い侵略とグローバリズムから皇国日本を守る

あるキリスト者の個人ブログです。二極化された世界構図を前に、いかに天道に沿って生きるべきか、思索を深める一助になればと思います。

コロナ・コンスピラシー

5月に入っての入院ということなので、実はまだ自宅待機中。病院絡みのニュースに敏感な毎日ですが、もう1本くらい書けそうです。


それにしても、中国はとんでもないものをばら撒いてくれた。ブチ切れてたジョンソン首相の気持ちが、よくわかる。
イギリス有力紙テレグラフでは
「今こそ我々は中国を敵性国家のように扱わねばならない」
「中国は、あたかもウイルスの被害者であるかのようなメディアキャンペーンを展開し、4万を超える人命が失われる世界的公衆衛生上の危機を作った責任から逃れるのみならず、第2次大戦以来最悪の世界不況を招いた。」とも


中国のやりかたは、見せかけの援助やらで、放火魔が消防車を派遣しているようなもの。そういうことに、早く多くの人が気づいてほしいものです。
そして、コロナウイルスは特許のようです
特許番号10130701
だからといって、テロというわけではありませんが、赤化ビジネスをやる中国は、どうしても陰謀に結び付く。とにかく背景は慎重に探らねばならない。

yutaka@yutakaozaki85さんより


発生源は中国に間違いないですが、叩けばいろいろ陰謀団体が浮上してきます。
やはり根っこはグローバリストか。

コロナウイルス:コロナ・コンスピラシー


外交の裏も暴かれ、フランス政府のマスク援助要請も、提供と引き換えに5Gにファーウェイ社の設備を導入するよう提案するなど、ウイルスさえ赤化ビジネスに利用。
これが真のマスクの利用先。

統一教会の終焉

勝手に緊急事態宣言し、自ら瓦解していく統一教会


こんな世界的危機の中で、何の緊急事態かといえば、名前を変えるそうだ。
もう誰かが手を下す必要はないのかもしれない。
「統一教会」「世界平和家庭連合」、そして次なる新名称は「天の父母様教団」
私の知っている男性格主体の尊い唯一絶対なるお方は、いったい何処へいってしまわれたのだろう。
6000年間、神が待ち望んできた摂理の本質は、独り娘(韓鶴子)の誕生なのだそうだが、もはやキリスト教でさえなくなってきた気がする。


いちいちコメントするつもりはありませんが、教団の洗脳プログラムに掛かっている方たちが、なまじ純粋なのを知っている分、あまりに気の毒で仕方ない。
避難してくれという言葉は、もう誰にも届かないのか。


奇知外君の頑張りのおかげで、死霊汚染された教団は、Aチームとは真逆の「暗黒チーム」に立っていることも確認できた現在。
これから売国に加担していくはずなので、いずれ潰すしかあるまい。


個人ごとですが、大きい手術を控えているため、おそらく5月いっぱいまで入院します。ご愛読くださっている方、今までありがとうございます。
そして「死ぬこと以外は、かすり傷」という男塾で習った言葉が蘇ってきました。
ではまた、お目にかかれる日を楽しみにしています。


あ、大事なことだけ言っておきます。
「やっぱ、エンポリオ・イワンコフしか浮かんでこない」

カマバッカ王国 - CELES(セリス) サンジ コスプレ写真 - Cure WorldCosplay より
こんな世界は地獄だ。

死霊狩り ゾンビーハンター

「あなたが生きているとは名ばかりで、実は死んでいる。」
ヨハネの黙示録 3章1節より


聖書の預言の如くもあるし、ついに死霊が席巻する時代が到来してしまった。
以下、参照させていただきます。

~引用開始~
つまり、コロナ19は「ヨハネ黙16:1 さあ行って、神の激しい怒りの七つの怒りの鉢を、地に傾けよ」の一番最初の鉢が地に傾けられたのであり、そのあと、残りの怒りの六つの鉢が地に傾けられていくであろうと、いうことなのです。
それはひとえに「16:9神の御名を汚し、悔い改めて神に栄光を帰することをしなかった。」とあるので、神の御名を汚した者が悔い改めるための怒りの七つの鉢であることがわかります。
では神の御名を汚した者とは誰のことを言っているのでしょう?
ヨハネの黙示録のその内容が起きる地域、 それは神様の中心摂理となった地域を中心にした出来事であるということがいえます。 旧約はユダヤ・イスラエルの世界、新約はキリスト教、そうしてみると、このヨハネの黙示録の内容が起きることは成約の摂理を担ったアダム国家・エバ国家つまり韓国日本を中心としてみて起きる内容であると言えます。 神の御名を汚した者、神を冒涜する者は沢山います。しかし神の御名を汚すとなると、限定されてきます。
神の御名を汚している者、それは神の御名を変えることにより汚したと言えるでしょう。今天の御父様(神様御父様)ではなく天の父母様と神の御名を変えて汚している者、つまり天の父母さまと祈っている家庭連合の人々の事をさしているのです。
ですからヨハネの黙示録16章、17章に出てくる獣の国とは、そのように神の名を汚した者の国、つまり韓国のことです。
~引用おわり~


2代王は確実に、天の声を発しておられますね。韓国の血を受け継ぐ者が、韓国は悪魔であると。こういう観点は、とても重要なことです。絶対に真の愛国者にしか言えません。だから国籍を問わず、宗派を問わず、追従する有志が、アメリカを中心に集い始めている。前稿「Aチーム」で書いたとうり。


ところで私には「死霊狩り」という言葉が蘇っています。
当初、このブログを出発するにあたり、タイトルかハンドル名も、それにしようと思っていたくらいなのですが、さすがに気味悪がられるし、カテゴリからも異端視されそうなので取りやめましたが、まさかこんな時代になるとは。
遡れば、平井和正の同名小説からのものですが、結局、氏の作品で現在まで心に残ってきたのは「幻魔大戦」でもなく、「ウルフガイ」でもなく、「死霊狩り」で、主人公「田村俊夫」と似た苦悩を抱えていくことに。


少しだけ内容に触れます。
人類に憑依する、異世界からの侵略者。ある国際秘密機関「ゾンビーハンター」は、それに対抗するエリートを養成するため、世界各国から殺しの専門を集め、通称「ゾンビー島」で、適格者を選別するための試験を行う。そして集められた者は、大金と引き換えに、非情のサバイバルに参加させられる。
ところが、生き残りは数人の、ほぼ虐殺。
死霊に汚染されていく人類。それを駆逐するために戦うエリートたち。そのために益々人間性を喪失していく田村は、ついに「狩る方も、狩られるほうも、同じ死霊」の境地に辿り着いてしまう。
まるで出口なしの内容ですが、もちろん現実とは違うし、私自身、これを読んでいた当時とも違う。今は一筋の光の中に生きていることに感謝している。ただ、数十年前、この小説を読んだとき、某教団の陰画だと思ったもので、それが現実になってしまった感はあります。


今、私が見る世界はこうです。
死霊に汚染されていく某教団、さらに影響は日本と世界に及ぶ。奇知外の出現など、まるで死霊そのもので、その中心には「韓鶴子」が存在している。

余談ですが、小説とは別に、桑田次郎の漫画版が存在し、そちらでは「デス・ハンター」となっています。