ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

闇に挑む シオニズム編

正統派ユダヤ教徒 VS シオニスト


ヘビのおっさんが、今どこに住んでいるかを知りたい方は、今後、シオニズムという言葉が、ひとつのキーワードになってくると思いますので、覚えておいたらいいと思います。


学者でもない私ですが、それでも、いくつかの現代史の事件を追ううちに、少しずつ、わかってきたこともあり、そのあたりを、庶民目線でお伝えしたいと思います。


現在、世界に蔓延する戦乱の、すべての根本原因は、このカテゴリーでは、聖書にある、失楽園からと考える方が多いと思います。
すべては人間の、神様に対する不信から始まった歴史といってもいいでしょうが、では、具体的に、どのように世界が歪められていったか。
どのような組織が、この近代史においては関与してきたか。


まずはユダヤ教というところからいきたいと思いますが、ざっくり、私たちが一般的にイメージするところでは、おそらく、黒いハットの独特の風貌、ラビと呼ばれる、聖職者のいる教団、そして、いつからか、イスラエルという国を建ててしまった。
おかげで、アラブとは、パレスチナをめぐって、延々と戦争状態。
そんなところではないでしょうか。


私も、中途半端な知識しか持ち合わせていなかったため、随分と思い違いをしていたのですが、いわゆる正統派ユダヤ教徒からすれば、このシオニストが、ナチスによるホロコーストを利用して、勝手にイスラエルという国を建て、アラブとの間に大きな溝をつくってしまった、憎しみの歴史をつくってしまった張本人だというのです。


それまでは、パレスチナという場所で、アラブ民族とは、よろしくやっていた。
故アラファト大統領も、その辺りの歴史をよく理解していた人物で、寛容だったと言っていますし、全てはシオニストが破壊してしまったことも理解していたようです。


シオニストというのは、ユダヤの仮面を被った、本来のユダヤ教とは何の関係もない、偽ユダヤの怪物集団だと、私も言い切りましょう。
何千年の歴史あるユダヤ教に対し、シオニズムはせいぜい100年
宗教とは関係ない無神論者テオドール・ヘルツルと仲間たちによって出発。
この辺りを知るというのは、そうとう重要で、このロビイストたちが、未だアメリカの議会やヨーロッパ各国に大活躍しており、とりわけフランスなど、シオニストに占領されているという話もあるらしいです。
なんせグローバリストの雄、ロス・チャイルドも絡んでいるし、胡散臭さ満載。


短いながら、実に的確に、核心をついたyou tubeがありますので、ご紹介しときます。




超正統派ユダヤ教ラビがシオニスムを非難


ジワリ、ジワリ、おっさんのアジトに、近づいていきたいと思います。