ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

グローバリズムとは

敵の侵攻があまりに速いので、こちらも、少し結論を急ぎ、内容は、いづれ後を追う形にしたいと思います。


我々の敵は、我々の気づかないところで、すでに深く静かに侵攻しており、おそらく気づいた頃には、侵略はすでに完了していることでしょう。
簡単に言うと、グローバリストの最終目標は、世界統一政府の樹立で、地球上の軍事、経済、全てを、その管理下に置く事です。
そして、その中心思想こそが問題で、ほとんどの人が見過ごし、認知できずにいる、偽ユダヤ人たちの信奉するものなのです。


わが国を例に、たとえば、統一政府の拠点が、中国に出来たとしましょう(べつに、どこでもいいのですが)。
国の存亡に係わる、重要な政策決定が、首都東京ではなく、とんでもない所の、しかも、日本人でもない、とんでもない奴等に成されるわけです。
ハイ、これで日本侵略完了。


近年、これに似たことが、イギリスで起きたことを、ご存知でしょうか。
EU離脱問題です。
英国の重要政策決定が、ロンドンではなく、EU本部ベルギーのブリュッセルという、そんなところからコントロールされたら、たまったものじゃないという、英国人ギリギリの判断が、クサビを打ったものだと思ってます。


「日本は、日本人だけのものじゃない・・・」と、どこぞのバカが、ネットで言ってましたが、笑えない現実が、目の前に迫っているのは確か。


もうひとつ。

最終的にグローバリストにとって、厄介になってくるのは、銃の存在。
こんなもん持ち歩いている連中がゴロゴロいたら、コントロールどころじゃない。
野望達成の直前に、正義の連中に蜂起されようものなら、水の泡。
そうだ、今のうちに丸腰にして、抵抗できないようにしておこう。
こうして、合法的な侵略が開始され、どんな悪事が行われようと、決して正義が手出しできないように、法的に縛りをかけるわけです。
中国が、チベットや内モンゴルの自由の戦士をテロ呼ばわりしているのは、ひとつの教訓かもしれません。
一度、主権を奪われると、武装解除されるので、二度と国を取り戻すことは出来ません。
ダライラマの悲痛な思いが伝わってきませんでしょうか。


そして、これを、いち早く感知したのが、アメリカ在住の、わが大将なのですが、銃器を持った写真つきで日本人に伝えようとしたところ、文化の違いで、うまく伝わらず、ヘビのおっさんが颯爽と登場。


家庭連合のカテゴリ上位に、火の粉をナントカというルポライターがいますが、モデルガンを持った、あるサンクチュアリ教会員を、写真つきでボロクソ蔑んだり、同じく、うちの若大将も、貶められていました。


それにしても、さすが、ヘビのおっさん、やることに抜け目がない。
いちいち、すばらしい人材を、ここぞとばかりに布陣してくる。
こちらも、銃の問題は「あんたのレベルじゃ無理だ」くらいは、思わず言いたくなってくる。


この方も、何らかの正義感をもって、ブログを書いてらっしゃるのだと思いますが、とにかく、おっさんは一枚上手であることを、知るしかない。
術に取り込まれ、結果的に、使い魔のような形になってしまっているのは、哀れ。


かつてナイラの涙で、アメリカがイラク戦争に突入していったように、おっさんは、人の正義感さえ弄ぶ、最強の知略家だということ。


とり急ぎ、簡単に書きましたが、今回も「ナイラの涙」の解説で、貼っときます。



嘘から始まった湾岸戦争!自作自演の議会証言とPR操作!