ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

ドナルド・トランプ

正統派クリスチャンの視点から見た、トランプ


地上波やマスゴミの洗脳を受けてしまっている人には、日本や世界の動向がどのように動いているか、目測を誤ってしまうので、今更ながらですが、すこし、トランプについて、語ってみたいと思います。


トランプの登場は、魔界の住人たちにとって、そうとう厄介な存在で、出発当初から、そうとうな反発と、策略が張り巡らされていました。
魔界というと、宗教的、観念的になってしまうので、具体的に言いますと、シオニスト軍団、ジョージ・ソロスや、その他諸々、グローバリストの連中のことです。


実際のところ、トランプはどこまで見えているかは分かりませんが、少なくとも、その背景には、キリスト者たちの、切実な願いと祈りが込められています。
とにかく、あまりに世を覆う闇が深く、どちらかというと、反トランプ派の素性を探った方が、ヤバイ奴等の目的が分かってくるかもしれません。


まだまだ窮地にある、トランプ政権と、世界情勢。
ここでは、ほとんどの人が、アメリカでの選挙権がないと思いますが、祈りというのは、応援団の側面もあると思います。
「神様、平和を・・・」と祈るより「トランプ、がんばれ・・・」の方が、具体的で、神様も認知してくださるのではと、勝手に思ってます。


今は、インターネット、スマホ(神様側)  TV、マスコミ(サタン側)
情報入手に関しては、こんな構図だと聞きました。


安倍政権支持率の世論調査でも、3割だの4割だの言ってますが、大規模ネット調査では、60パーセント越えで、別のネット調査では、7割越えの結果もあるとか。。
大規模と言ったのは、11万3千もの得票があり、時事通信社の票数が2000だったことを考えれば、規模の差は大きく、マスコミが完全に悪意をもって操作していることは、あきらか。


それにしても、ネット民は、あれだけ加計学園だの、なんだの、いろいろあっても、偏向報道を見抜いて、冷静に判断してますなあ。


少し古いですが、応援の意味を込め、貼っておきます。


あきらめたら、そこで試合終了だ。



【海外の反応】海外「トランプ次大統領の政治顧問がスラムダンクの安西先生に似てると注目されていた」