ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

ネコパンチ

カテゴリー違いの方も、時々訪問してくださっているようで、ありがとうございます。
いろんな十字架を背負いながら、笑顔で精一杯生きてらっしゃる方々や、前回は、なぜか、わんちゃん、ネコちゃん愛好家が揃ってきてくださったりと、いろんな方が読んでくださっているものだと、不思議さに包まれつつも、想像とは違うところに届けられてしまっている感じに、どうも笑えてしまう一面があり、急遽、感謝を込め、動物編。


さて、聖書では、悪魔サタンが、たびたび、ヘビ、マムシに例えられ、登場してきますが、当然、実際のヘビが、悪魔というわけではありません。
しかし、その性質、攻撃力は、まさに、そのものなので、本物から、いろいろ学びとることも、けっこうあったりするものです。


で、いかに攻略すべきか、教訓となるのが、猫なのでした。
絶妙な間合いの取り方。
決してあわてない。
一瞬の隙をみて、ネコパンチ、ネコパンチ。
しかし、深追いはしない。
時に、よそ見をするしぐさは、油断させるためなのか、余裕なのか。
攻撃されれば、軽やかに身をかわし、蝶のように舞い、蜂のように刺す、ヒット アンド アウェイ。


そうこうしているうちに、ネコパンチは確実に相手を捕らえ、一撃を喰らうたびに、確実に消耗していく対戦相手。
もう、手も足も出ない、マムシなのでした。



猫つよし。