ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

恐怖! 工作員男

さて、ショッカー本部が送り込んだ、次なる怪人は。
怪人「有田芳生」男
ショッカー朝鮮支部から派遣、名誉韓国人、意外と知られていない元共産党員。


こいつに完全にブチ切れているのが、橋下徹氏。
氏の出自が、週刊朝日に報じられた際には、「これは面白い」とか、反論に対しては「よくわからん言い訳」と言っていたくせに、所属する党の代表、レンホウの戸籍開示の件では、それを求めた人間に対しては「差別だ」と、部落差別まで持ち出して、人権問題に絡めてた。
なんだか、とっても分かりやすい、ダブルスタンダートで笑ってしまうが、彼の頭では、どのように整合性をとっているのだろうか。


他にもいろいろ、ヘイトスピーチ規正法を作れと言っては、韓国人を証人として出廷させてくるなど、頭、悪すぎの面が多数あり。
私は「日本人の代表じゃありません」と、自分から言ってるようなもので、こっちには、桜井誠氏がブチ切れてた。


そして、極めつけが、横田夫妻からの不信と怒り。
拉致問題を完全に自身の政治活動に利用。
横田夫妻と孫家族との面会写真を、断りも無く公開したことにより、入手ルートから、北朝鮮と特定され、自身が北と通じていることが明るみに。
なぜなら、横田家からは一枚も写真提供はありません。
韓国だけではなく、北朝鮮にも通じていやがったか、というより、工作員じゃん。


その昔、統一教(現 家庭連合)を、悪の巣窟と見立てて攻撃し、いかにも識者ぶってマスコミに登場したことから、知名度がアップ。
以後、イケイケで、自身の主張も受け入れられ、国会議員にまで登りつめる。


悲しいかな、人は、マスコミの主張を受け入れる。
在日左翼に、メディア自体が乗っ取られていることにも気づかず。


「海賊が来た、海賊が来た」
村を守ろうと、必死に叫び続けるウソップの声は、誰にも届かなかった。
多くの民は、信頼の厚い、クレハドール、百計のクロの術の中。


時代はいつも同じ、本当の勇者を、いつも見殺しにしていく。
何よりも、イエス様がそうであったように。


古いですが、貼っときます。