ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

豪傑たちの黄昏、勝利の鐘 未だ響かず

今回は、完全に関係者向きになります。


日本食口のみなさん、選挙に参戦してくださった全ての方々、ご苦労様でした。
ミクロコスモスでの勝利に加え、有志の方々のおかげで、なんとか日本の方向性は、正しく保たれたのではないかと思っています。
このまま一機に、憲法改正へと突き進んでもらいたいと願うばかりです。


ただ、世界に目を向けてみますと、なかなか厳しいものがあるのを目撃します。
まだ知らされていないか、あるいは、拡散されていないと思い、そのことに、少し触れてみたいと思います。


私は、不要な誤解なきよう、正々堂々、サンクチュアリ教会員という、立ち位置だけは明示し、このブログに参加してますが、神様の摂理のようなものに対し、あるいは、正道を突き進む、その他、個人や各種団体がいるのであれば、敬意をもって迎え入れています。


よって、各種団体、当然、家庭連合の中にも、個人レベルでは交流はあります。
ある日、そんな友人から、知らされたのですが、2点だけ、簡潔に書きます。


1点目、ネパールで、家庭堂が共産党配下に下ったこと。
これによって、ネパール家庭連合の資金は、完全に、共産党によって管理されることになりました。


2点目、家庭連合は、レダの土地、3万7千ヘクタールの土地を盗まれた件。


統一家は群雄割拠、様々な事情があるのは知っていますが、立場は違えど、元の根っこは同じ、こんな深刻な事態に、決して「ざまあみろ」などとは、思う余地もありません。
私は、家庭連合というより、心情的には、顕進様派の方々の気持ちは、非常に理解しているつもりです。
それに、ジャルジンの研修で、再出発したような人間ですから、あの土地の意味あいも、実感として、理解できる人間です、どれほど悲しいことか。


よく見たら、文顕進様を支持する有志の会のブログに、全て記載してありました。
ぜひ、参考になさってください。
ネパールの家庭堂が共産党に吸収された背後関係を暴露 - 文顕進様を支持する有志の会ブログ


家庭連合はレダの土地3万7千ヘクタールを盗まれた! - 文顕進様を支持する有志の会ブログ


1点目の件を簡潔に言いますと、今後、選挙において家庭堂は、家庭堂のマークを使用することができず、 共産党のマークを使用することになります。
家庭堂側の人士が選挙で当選したとしても、国会においては、共産党の 指示に従わなければならないし、家庭堂は、国会の外では家庭堂の会員であるとは言えますが、国会では 共産党の会員としての役割をしなければならない。


そのように、友人は簡潔に説明してくださいました。


政治の世界では、「調略」とか「篭絡」という言葉がありますが、家庭連合は他にも様々な調略を受け、敵の軍門に下っていることを知っています。
しかし、実体的な、この事件が、他の全ての事件を象徴している気がするのです。


霊界に行かれた、偉大な、あの方の意思が、すべて破壊されていく。
たのむ、家庭連合よ、踏みとどまってくれ。