ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

闇に挑む クリスマス編

今年も、そういう季節になってきましたので、軽く触れていきたいと思います。


しかし、これに関しては、子供たちが楽しみに待っていることだし、その笑顔を思い浮かべると、どうしたものか、とはいえ、大人は一応、知っておいた方がいいかもしれません。


すでに、いろんなサイトで検証され、ある程度、正体も暴かれているので、あまり詳しくは書きませんが、12月25日は、イエス様のご聖誕ではありません。
コンスタンティヌス帝が、異教徒を制し、キリスト教をローマの国教にした際、その悪しき祭典、サートゥルナーリア祭を消化しきれず、現在まで残っているという説が有力ですが、後年、キリスト教としては、聖ニコラオスを原点にしようと、巻き返しを図った結果、善悪ごちゃ混ぜの、戦いの日になってしまっているような感想を持ちます。


ツリーも、元はといえば、異教徒の風習の名残で、こうなったら、イエス様グッズを飾りまくり、賛美歌を歌いまくり、異教徒の祭典を完全破壊。
アルター能力者が、物質を原子レベルで破壊し、再構築するという、そんな妄想に駆られながら、私はどちらかというと、今後、この祭典と、どう向き合っていくか、どう料理していくか、そっちの方が気になって仕方ありません。


ここまできて、ある日突然、サンタは悪魔だったと、どうせ大衆には受け入れ不可能だろうし、子供達への説明にも、聖ニコラオスのほうを、無理やりでもいいから説明しまくっていく方が、現実的かと思うのですが、悩みは尽きません、高位の方の判断を仰ぎたいと思います。
もちろん、信仰者として完全に切り捨てていくという手もあるのですが、ここまでメジャーになってしまっている以上、啓蒙するには、なかなか困難な道のりが待ち受け。


こうして、この世の大概の問題の原点は、イエス様降臨以前、古代バビロニアの時代に収束することを、伺い知るわけであります。
古い文明に酔った大衆からすれば、青年は、さぞ、悪魔のように映ったことでしょう。
魔界連中のやりたい放題の時代が続き、ある日突然、名も無いひとりの青年が、それら文化、文明、全てを否定し、破壊し始めたわけですから。


現代になっても、悪しき古代文明を消化できないという、象徴のような、このイベント。
気になる方は、覗いてみてはいかがでしょう。



サンタ / サタンクロースの正体