ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

朝霧の密使

吉凶は糾える縄のごとし
今更、何かを振り返ったところで、何かが変わるわけでもなし。
与えられた小さな力量で、その都度その都度、勝負をかけ、変化に対応しながら、願われた役割を果たしていく、それが人生であり、そこに幸せを感じれば、何よりかも。


取るに足らない経歴なれど、それなりに楽しかった思い出も、今は昔。
いとも簡単に、母体組織を乗っ取られた無念はあるものの、王の心中は遥かにそれを凌ぎ、推し量ることさえ憚られます。


私の道は、ほとんどが政治活動に費やされ、思えば、多くの政治家や先輩方に可愛がってもらってきました、もう、他界された方がほとんどですが。
その意思を知るが故、簡単に屈するわけにはいかない。


かつて、UCの極北といわれ、世間からは右翼とも認識された勝共連合、いや、世界平和連合は、今、時代の要望に応えているのだろうか。
たしかに共産主義は滅んでもいないし、むしろ、その逆ですが、もっと向こう側の敵の本陣が見えてきた現在、戦略を練り直す必要に迫られているではず。
そして、そこにダイレクトアタックをかけている存在は、なんと、UC極北組織ではなく、若旦那とは誰ぞ知る。
世界規模からすれば、アリが巨人に向っていっているようなものです。
絶対、旦那を笑いものにしてはいけない。


母体が揺らいでいる故、本質が狂わされ始めたか、ネパールの件も象徴と感じました。
反共を頭に掲げた宗教団体の援助で、共産党が大活躍だなんて、悪い冗談というか、まるで悪夢を見ているようです。
太田さんには、飯をご馳走になったりと、楽しい記憶ばかりが蘇りますが、それはそれ、お家の事情に振り回され、飲み込まれてしまっていないか、全体組織内では主導権を握れない事情も知りつつも、なんとも悔しいかぎり。
こんな足軽同然より、はるかに優秀な先輩方がゴロゴロいるにも関わらず、身動きとれない様相に、胸が痛むのでした。


それでも、ひとたび有事となれば、立ち上がるであろう先輩方を信じて、これからもツラナリ合っていこうと思っている、今日このごろ。
サンクチュアリへ来たので、最近は敬遠されてるようですけど。


さて、一般論として書きますが、本質が分かっていない人間は、特に政治的な枝葉の事件にばかり引っ掛かり、その視点から脱却する努力を何もしない。
家庭連合だろうが、サンクチュアリだろうが、何派だろうが関係ありません。


ブログ世界だけではありません。
サンクチュアリでも、脳みそを敵に持ってかれてる人はいますし、逆に世間一般の為政者や評論家の方が、冷徹な目を持っています。
そもそも中国が侵略を始めたら、いちいち所属を確認して殺戮をしていくわけでもあるまいし、結局は、ツラナリ合っていくしか道はない気がします。


ゆえに、今の自分にとって、サンクチュアリだろうが、家連だろうが、全員が敵でもあり、味方でもあったりするわけで、まあ、これが個人ブログたる所以ですね。
気張っていこうと思います。