ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

蛇のおっさん VS 只のおっさん

実は、神様のことを知らずとも、み言葉にそれほど精通していなくとも、天道の前に正しく立ち位置を確保し、天運を呼び込み、生活を改善できる方法がありまして、しかしそれには、敵が何であるか、大雑把でもいいから把握していくということ。
最低でも、そこが前提条件となりますが、おそらく私がその部類でありまして、おそらく日本人の多くがそうであろうと思われますから、その方々への今後の指針になればと思い、少しだけ述べてみたいと思います。


簡単に言いますと、世界を戦争と混乱に導き、我々の生活さえ脅かす存在、すなわち悪魔は何であるかを見つけ出すということは、とても大事な要件になってきます。
小さくは、身近な生活圏から、大きくは世界次元に至るまで。
そして、告発し続けるということ。
グローバリズムまで辿りつけた方は幸いであると言っていいでしょう、よく研究されています。
もはや、このまま、ほおっておいたら、我々は、彼らのシステムに取り込まれたまま、一生、その奴隷となって生き続けるしかありません。


善人や面泣きを見、いわんや悪人をば・・・


そこで、家庭連合のカテゴリを見てみますと、実はすでに崩壊していることに気づきます。
過剰に攻撃するつもりはありません、あくまで分析です。
ブログ村は投影とするなら、本体も同じということになるでしょうか。


ざっと見出し部分だけ見ると、1件もないのです、悪魔に対する告発が。
上位のあの方も、教会員ではありませんよね。
カテゴリも完全に食い荒らされている様態で、いわゆる分派狩りというか、自身の正当性を示すための内容が主流。
メタ認知を展開すると、蛇のオジサンが喜ぶ、完全に内部抗争的な様相で、残念ながらグローバリストのグの字も見受けられない。


そもそも、韓鶴子、若旦那、三男派、誰が何を言った、言わないなんて、先入観なしで、それぞれの立場に立って聞いてみると、すべてが、もっともらしく聞こえてきたりするわけで、それならば、いっそその判断基準を捨て、この最も憎らしい敵に、誰が立ち向かってくれているかということを考えるべきではないでしょうか。


なにを言わんとするか、もうお気づきですよね。
サンクチュアリには、ゴロゴロいますよ、その辺りに気づいている方は。


人類を死に追いやる、この憎らしい存在は、実にやっかいで、自分にとっても、次の世代を生かすための行動であり、必死にならざるをえません。


全然関係ありませんが、このどさくさに紛れて、左翼が卒倒するようなやつを、もうひと貼りしときます。



【シン・ゴジラ公開記念】怪獣大戦争マーチで自衛隊を行進させてみた