ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

闇に挑む イルミナティ編

以下は、かつて別の交流サイトで発信した内容です。


悪魔は様々なところに、種をまいて、現在に至っていることに気づかされます。
イルミナティとは何でしょうね
それに挑むというというのは、文化そのものに挑むようなもので、まずは、それが何なのか、知ることから始めるしかありません。


秘密結社の名前なのですが、私はその昔、オカルト路線に走るのを嫌い、考えるのをやめ、自ら封印してきたいくつかの存在があります。
共産主義という巨悪を前に、それ以外の敵に関わる余裕もなかったし、無駄にも思えたからですが、しかし、昨年、キャンプセミナーで、どうやら解禁のサインを受けたようで、悪霊のたむろする闇に目を光らせることにしました。


すでに、きっかけはいくつかありましたが、ニコラスケイジ主演の映画「ウイッカーマン」あたりもそうでしょうか。
不気味と嫌悪感に包まれた本作から、悪魔崇拝の源流を辿る私の旅が始まりました。
ローマ軍を追い返したとされるケルト民族。
溯れば、フェニキア人の存在が浮上するのですが、キリスト王国時代の影で、しっかり悪魔は種を残し、現在まで機会を伺ってきたのが感じとれます。


ハロウインの起源は何でしょう?
クリスマスはイエス様と関係あるのでしょうか?
もしクリスマスを祝って、神様を感じるのであれば、それならば、それでいいと思っていますが、一般的にはあまりそうでないので、毎年来るシーズンを前に、我々は一応、知っておいたほうがいいかもしれません。


イルミだけではありません、いくつかの組織の存在。
アウシュビッツで人が焼かれている最中、豪遊ができた偽ユダヤ人。
文化大革命を起こさせる為、毛沢東に資金を投入した連中。
金の流れを中心に見ると、だれが大戦へと誘導していったかも炙り出され、別の視界が開けてくるのが分かります。
共産主義さえ手玉にとり、世界を支配しようとしている組織は確実に存在し、決して表に出てこない様は、まさに悪魔で、おそらくこの辺りが敵の本丸。
この社会に構築されたシステムのようなものを使って隠れ、我々はイルミ連中の洗脳を受けてしまっているから、容易に見抜けません。
実に、知るというのは戦いだと、最近感じるようになってきました。


近年、世界3大悪女とされた西大后の本当の姿が解明されはじめました。
悪女のイメージを植えつけた大元は、あるイギリス人の出版した本によるものですが、このイギリス人の正体が、実は、清朝滅亡の工作員だったことが明るみにでたからです。
いったい何年たったでしょう。
こんな手法は序の口で、イルミはもっと高度な術を使って、我々を翻弄します。


ただ、結論としては、単純なのかもしれません。
それが神様からきたものか、そうでないか、源流が何であるかを見極めればいいのですから。
実際のところ、金、金、金、すべて金です。
イエス様を売ったのも、それ。
「人はパンのみに生きるにあらずや」
なけなしの聖句が、頭を駆け抜けていきます。
イエス様は、こういう連中に斬りこんでいきたかったのだと、こんな恐ろしい敵と戦っていたのだと、つくづく思わされています。


待ってろ悪魔、追い詰めてやるぞ・・・
の意気込みで、これからもいきたいと思います。