ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

銃と刀と私 七色仮面編

少し、内向きな内容となります。
2代王の登場、そして「鉄の杖の王国」の説教、今まで、クリスチャンでさえ知りえなかった核心的な部分に突入し、その登場によって、時代がどんどん切り開かれていく感じがします。
もはや、女帝のたわ言など相手にせずとも、時代を切り開く、その崇高な内容そのものが、全てを物語っているのではないでしょうか。
まだ、ご存知ない方は、はやく情報を収集していただきたいと思います。


私が聞いていたところの話でも、最終的な世界の統治形態として、やはり独裁だと感じます。血染めの黄熊(プー)をみても分かるとおり、共産主義なぞ話になりませんが、民主主義とて、いつの時代も衆愚政治となって、滅んできた歴史は動かせません。
では、どんな独裁か。
まぎれもない、神の愛による独裁のことです。


おそらく、若旦那が、この天国の青写真、王国について語れば語るほど、古い価値観の家庭連合の存在は、障害となり、共産主義とつるんで立ち塞がってくるでしょう。
銃器を構えた旦那の写真ごときで、大騒ぎしているくらいですから、想像がつきます。


まさしく新しい時代の到来を予見させ、イエス様が思い描いていた世界の青写真というか、統治形態の根幹が、天一国憲法に由来することを、強く確信する自分です。


さて、絶えることのない、目を覆うばかりの凶悪犯罪の数々、あまりに悪に席巻されすぎた、この世界に対し、すでにお花畑の平和論理など崩壊しているにもかかわらず、古い価値観にしがみつき、抜け出すことを知らず、躊躇する多くの人たち。
2代王が語れば語るほど、なぜか幼い日の心象風景に還っていく気がするのでした。


その昔、仏者最強のヒーローが、TV画面に登場しました。
多羅尾伴内へのオマージュなのか、次を担う子供達へ向けた新たな設定。
その出で立ちは、菩薩がサングラスを掛け、ヘルメットを被り、両手には2丁拳銃。


悪には、容赦なく拳銃で脅し、人には決して失ってはならない7つの聖域があることを説きながら、改心を迫る。
ひとたび銃撃戦となれば、こちらの弾丸はほとんど命中するにも係わらず、相手の弾丸は一発も当たることの無い、その男の強運は、まさしく仏。


七つの顔と七つの声を使い、敵を翻弄、「智・仁・愛・力・徳・忍耐・義」の七つの心を持ち、仏の教えを説いて、悪を殲滅する。
いや、どちらかというと儒教の教えのような気がするのですが、その男の名こそ・・・


時代は貴方を呼んでいる

七色仮面 オリジナル バージョン