ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

キリスト教に思う

日本のキリスト教について、思うところを少し。
ある友人から聞いたのですが、先進国の中で、唯一、キリスト教の宣教に失敗した国が日本である・・・と。
たしかに、日本におけるキリスト教宣教は、徳川幕府の弾圧でいったん途切れ、明治になって、ようやく信仰の自由が回復したという、血の歴史があります。
その後、アメリカなどからキリスト教文化が、勢いよく入ってきたものの、キリスト教の伝道そのものが大きく展開されたわけではなく、現在に至っているのは周知のとおり。


それはそれとして、私が一番違和感を感じるのは、日本と、特にアメリカですが、信仰感に、かなり隔たりがあるということ。


例えば「銃」に対する考え方。
議論はありますが、本来のキリスト教というものは、悪に対し、絶対に許すまじ・・・という考えのもと、旧約聖書にもあるよう、時には武力を使ってでも、展開してきた教えだと思ってますが、それが国家として成立したのが、アメリカ。
多くのキリスト教系団体が、銃の所持を支持しているのをみても、おわかりで、先の「サタンに立ち向かえ」の著者、C.S.ロベット氏も、軍人です。


ところが、戦後、日本の教会は、がっつり左翼思想に飲み込まれてしまい、何が悪か分からず、政治への関与の仕方が、とても偏ってしまいました。
本当に残念でなりません。
すばらしい伝統がある教会が、いっぱいあるというのに。


結論を急ぎますが、ただただ、私はこの辺を憂慮しており、本来、平和的な日本の信仰者として、立ち位置だけはしっかり確保し、間違った考えに染まらないよう、祈りたいのです。
私はこれから、グローバリズムに潜むサタンと戦っていくことになりますが、関心ある方は、どうかお付き合いください。