ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

闇に挑む 奴隷貿易編

人間の自由と尊厳を守るために


さて、この世を2重構造の支配下に治め、歴史さえ塗り替えている連中のことを考えると、この罠を掻い潜り、戦える人間は、いったいどれほどいるだろうかと、考えてしまいます。


一つだけ言いたいとすれば、我々は、あまりにユダヤ支配の価値観から、抜け出せずにいるということ。
ハリウッドから発信されれば、誰もが、かなりの影響を受けますし、とりわけ、知名度の高いスピルバーグであれば、なおさらということになってしまうでしょう。


1997年製作の映画「アミスタッド」では、黒人奴隷貿易を、キリスト教徒、ヨーロッパ人、アメリカ人の事業として刷り込もうと、細心の注意が払われていますが、実際はスピルバーグの勝手な個人史観というか、おそらく、偽ユダヤの血が、そうさせているのでしょう。
真実とは、とうていかけ離れているこのことを、デビット・デューク氏が、完膚なきまでに暴いているので、ぜひ参考になさってください。



ユダヤ人が奴隷貿易を支配した1/2


さて、この方は、名うての論客で、昨年、偶然、このサイトにたどり着くことが出来、そして出会わしてくださった神様に、心から感謝しています。


レビ記25章 44~46


あなたが持つ奴隷は男女ともにあなたの周囲の異邦人のうちから買わなければならない。すなわち、彼らのうちから男女の奴隷を買うべきである。また、あなたがたのうちに、宿っている旅人の子供のうちからも買うことが出来る。また彼らのうちあなたがたの国で生まれて、あなたがたと共におる人々の家族からも買うことができる。そして彼らはあなたがたの所有となるであろう。あなたがたは彼らを獲て、あなたがたの後の子孫に所有として継がせることができる。すなわち、彼らは長くあなたがたの奴隷となるであろう。しかし、あなたがたの兄弟であるイスラエルの人々をあなたがたは互にきびしく使ってはならない。


デューク氏の友人 サム・フランシスという、ワシントンタイムズの論説記者は、旧約聖書にあるこの引用を突きつけ、闇に挑もうとした結果、職を失うことになったようですが、おそらく私も、この先輩方の目に映る世界に、限りなく近い光景を目の当たりにしているのではないかと思ってます。


こういう偉大な先輩の勇気ある行動を、無駄にしたくないと思い、少し紹介させていただきました。


嗚呼、スピルバーグよ、おまえもか