ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

闇に挑む ホロコースト編

みなさん、用心してください、歴史は書き換えられていますよ。


これまでの流れでいきますと、はたしてホロコーストは、本当にあったのだろうかという疑問さえ、浮上してきますが、いかがでしょう。


私は、なかったとは思ってませんが、少なくとも、これまで我々が知らされてきたようなものではなく、もっと違った現実が横たわり、真実が覆い隠されていると、強く感じています。
なぜなら、連中の姿が、おぼろげながら、見えてきたからであり、その手段ときたら、これまでにも少し綴ったように、善人が悪人に仕立て上げられてしまうほどのもので、まったく浮かばれません。


私が見た、ホロコースト生存者の動画では、ハリウッドが作った映画とは、全く違う証言が存在していました。
なぜ、ヨーロッパ14カ国では、ホロコーストは無かったというだけで罪に問われるのか。少なくとも、疑いの余地のない事実なら、ホロコースト否認論を法律で規制する必要なんてないのではないか。
例えば「広島の原爆は無かった」なんて、誰も言いませんよね。
規制する必要がないほど、事実を裏付ける証拠が、存在するからです。


どうもスピルバーグが設立したホロコースト生存者財団は、5万人の映像証言を集めた中から、嫌悪に満ちている嘘つきとシオニストだけを精選して、ドキュメンタリーを作ったようです。
そして、我々が認知してきた、あのガス室の存在さえ、そうとう怪しいことも、分かってきました。


シオニストは悲劇を作ることによって、イスラエル建国を正当化したかったらしいし、そう考えると、あのヒトラーは、いったい何と戦い、どこを目指していたか。
 連中によって、必要以上に貶められ、もしかしたら、歴史的なスケープゴートにされたのではないかという疑問さえ沸いてきます。
この辺りは、また別の機会にしたいと思いますが、思いっきり、結論を急ぎます。


これら、隠蔽軍団のシオニストやユダヤ資本家は、グローバリズムの中心に存在しており、残念ながら、我々は、そのグローバリズムの恐ろしさを、まだ分かっていません。


そして、対極にいるのが、トランプやプーチンであると、今はそれだけ知っておいてください。


今回も紹介しておきます。
私はこの「サラのチャンネル」に、お世話になってます。



【サラのチャンネル】神格化されたユダヤ/ホロコースト【拡散支援・保存支援】