RAIKOU のブログ

赤い侵略とグローバリズムから皇国日本を守る

あるキリスト者の個人ブログです。二極化された世界構図を前に、いかに天道に沿って生きるべきか、思索を深める一助になればと思います。

中国を斬る5 存在しない国家

何度でも言います。中国という国は、歴史上存在したことはありません。ただし、シナには「中国」という概念はありました。そのシナ思想の概念に「天下」があり、「天」の下にあるということで、それは「地上世界」を表し、人間が生きている世界のことを言います。そして、その天下は「中国」と「蛮夷」に二分されるのでした。


「中国」のもともとの意味は、「国」の「中」ということで、この場合の「国」は、周囲を城壁で巡らせた「都」という意味である。
漢字の「国」という字が、四角で囲われているのは、四方を守る城壁を示しており、そもそも「中国」とは、城塞都市の意味だった。
そして、その中国は、かつて中原(ちゅうげん)と呼ばれる、およそ黄河中流の洛陽から山東省にかけての地域に存在したようで、のちに秦の始皇帝が天下統一を果たすと、その影響力の範囲が、広義で「中国」と認識されるようになった。
ただし、春秋戦国時代の中では、そのボーダーは、勢力の強さによって自在に伸び縮みしており、それゆえ、この中原を舞台に繰り広げられた、群雄割拠の国家勃興劇は、次第に国境を持たない中華侵略思想を作り上げていくのでした。
一方「蛮夷」とは、その城塞都市の外に住む、野蛮な多民族のことを意味する。


「蛮夷」はさらに東西南北、呼び方が違い、「四夷」とも呼ばれたが、南部の山地で焼畑をする農民を「南蛮」、農耕と漁業をする東の民族を「東夷」、西域の草原にいる遊牧民は「西戎(せいじゅう)」、北の狩猟民族は「北狄(ほくてき)」と呼んだ。
これら「蛮夷戎狄(ばんいじゅうてき)」は漢民族ではないし、皆が「中国」の外にいる野蛮な多民族という認識だった。


ところで、ここから先は内向きな内容になりますが、先代文師の家系のことで、少し触れておきますと、文師は韓国人であったかもしれませんが、これら怪物の血統は、何一つ受け継いでいない。
半島人、朝鮮族といえども、もとを辿れば大陸からの血統の流れがあるもので、それゆえ、半島においても、血生臭い国家勃興劇が繰り返されてきている。しかし文師の血脈は「東夷」の流れともいわれ、これらシナの血脈とは確実に一線を隔しており、伝説的に「東夷には、偉人の種族が存在する」という言い伝えまで存在している。
だから、常に悪の匂い、血の匂いに敏感であり、シナ思想に敵対し、先陣をきって共産主義の本質を見抜き、あるときは国家とも対立し生きてこられた。
今、その血脈が、母国さえ敵に回す生き方が、二代王に受け継がれているとしか思えず、どうやら、ここを勘違いした信徒は、先代を韓国人と思って、道を誤ったのではなかろうか。ナザレのイエスを十字架にかけた如く、同じ扱いをしてきている。


対する韓鶴子のほうも、少し触れておきますが、いちろうさんから、気になる記事を見つけたので、リンクさせていただきます。



アボジも以前 韓鶴子の生い立ちはろくなものでないとおっしゃられたとお聞きしますが 霊的にも 血統的にも 犯罪者の娘それも因縁の深い 優秀な殺人鬼 の末裔であるわけです。 彼女の先祖のおかげで 高句麗の王様は幽閉され 部下も ほとんど殺されるような歴史であり それを整理して アボジの前に自然屈服シテ初めて 全世界が救われるそれほど いわくつきの 知塗られた血統 英国王室ぐらいひどい血統であるわけです。


よく御存知でいらっしゃる。
本当は血統の話は、あまりやりたくなかったのですが、こうも敵に翻弄されてきているようでは、こちらも小出しに書かざるをえない。
大往生流が、お相手し申す。


※ヘンリー・S・ストークス氏の本を参照させていただきました。

中国を斬る4 保護領半島

大雑把にいきます。細かくは、いづれ追い追いと。


日本の歴史は、常に「大陸の脅威」と向き合うことにあった。
大陸に巨大な覇権帝国が出現すると、その脅威は必ず朝鮮半島を通って渡ってくる。
だから、この半島と、どう対峙するかが、常に日本の平和と直結していた。
マッカーサーも、実際、朝鮮半島で戦ってみて、日本が半島や満州、シナで繰り広げた戦闘が、実は自衛戦であったことに気づいていく。



保護国(ほごこく、フランス語: protectorat、英語: protectorate)とは、保護を名分とした条約により、他国に干渉、とくに外交処理を代わりに行う国家を指す。保護される国家は被保護国、両国の関係を保護関係という。単に保護国といった場合、被保護国を指す場合もある。近世以来、帝国主義国家が植民地を支配するときにとった統治形態である。被保護国は条約で定められた範囲でのみ拘束され、それ以外では相手国とは独立した関係にある点で付庸国とは異なる。また対象となる地域に国家が存在しない場合は「保護領」とも呼ばれるが、英語・フランス語などでは特に区別されない。


太古から現在に至るまで、朝鮮人は常に大陸の脅威に晒され、これまで、とても自分たちが独立して自治できる状態は存在しなかったし、その能力も皆無であった。そんな風土から生まれた体質は、たとえ悪魔でも、強い者に寄り添っていく風見鶏のような生き方で、虚偽に満ち溢れてきたのでした。
そこで、こうした大陸に同化した、蛮族の生き方を変えようと、日本は、朝鮮人の自主独立、真の民主化を後押してきたのですが、もちろんそこには、日本の安全保障上の問題もあったでしょう。半島に真の独立国家を誕生させれば、日本にとって、どれだけシナの脅威が減るか、はかり知れないものがあります。


歴史上、この半島は、恐ろしい悪魔との橋渡し役であり、そのため朝鮮半島は、常に「保護領半島」として存在してきた。これは間違いのない事実です。
そして、この半島の背後にいる悪魔と対峙できる存在は何者だったのか。
血に染まった大陸歴史とは真逆の、縄文以前から、途切れることなく、この列島に生き続けてきた伝統と文化、そして万世一系の系譜であり、今なお、その神話が続いている国家。


少し横道にそれますが、某教会の信徒は、摂理観を読み違え、日本が植民地支配の侵略戦争を仕掛けたと思い込み、一時期、日本が悪の枢軸国家として存在したことを、未だに引きずり、その呪縛から逃れられずにいる。
これは本当に小さなセクトとしての考え方で、全く全体が見えていない。残念ながら、軍部の暴走や諸事情で、日本がそういう立場に立ったことは事実ですが、ここを蛮族特有の勝手な解釈で覆ってしまったため、真相が見えず、今では韓国自体が、悪の枢軸国家の一員に堕してしまった。自身の頭で考えず、真実を追求してこなかった怠慢であり、まんまと大陸の陰謀に振り回された、哀れな結果だと思う。
ちなみに韓国は1987年6月29日に民主化宣言
従って韓国の民主主義国家としての歴史は33年で、こんなナンチャッテ民主主義では、赤い謀略の前に、成す術もなし。
シナは、これまで果たせなかった野望を、着実に実現させ、悪魔の狡猾さを思い知らされる。



こうしてシナの侵略は、まだまだ続いている。

中国を斬る3 五千年捏造歴史

新型コロナウイルスをめぐる米中の緊張が続く中、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は25日、自身のツイッターで、「中国には5000年の歴史がある。米国は250年にも満たない」と指摘した。



中国人は自国の歴史を知らないし、まともに学ぶ機会も与えられていない。おそらく知っているのは、党に書き換えられた偽近代史だけ。
勝手に5千年の歴史があると捉えているようだが、それらは全て易姓革命の血の歴史で、今あるのはソ連コミンテルン中国支部から出発した、それまでの歴史全てを否定し抹殺した、70年という、百年にも満たない粛清の党歴史だけ。
彼らにとっての歴史なんて、一銭の金儲けにもならないし、都合よく書き換えればいいだけのもの。正義や真実に、誠実に向き合える国家体質でもない。


例えば、中国共産党は中華民国時代を徹底的に否定する。
小学校の教科書では、辛亥革命のすぐあとに、いきなり「中国共産党の成立」となり、それ以降は、すべて共産党政府の視点。
だから、これで学んだ人民は、清王朝のあとに中華民国があったこと自体、知らないし、しかも、中共が抗日戦争に勝利したことになってしまっている。
実際は、日本軍が共産党軍と戦争したことなど一度もなく(一部局面に参加しただけ)、あくまで日本が闘ったのは「国民党軍」であり、最終的に共産党が奸計により国民党軍を追い落として大陸を陣取ってしまっただけのこと。日本の戦争責任など、どこにもない。


それに、モンゴルに支配されてた時代も「中国史」らしいし、挙句にはチンギス・ハーンも自国の英雄として仕立てられ、実は中国人だったと書き換えてる始末。
どう考えても中国史でなく、「モンゴル史」の一部だと思うが、もう何が真実か、まったく見えてこない。
そもそも5千年かどうかも疑わしいし、異民族が侵入したり、されたり、大虐殺を繰り返してきた中華の大地で、こういうの5千年の歴史というのだろうか。


※石平さんの本を参考にさせていただきました。