ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

恐怖! 工作員男

さて、ショッカー本部が送り込んだ、次なる怪人は。
怪人「有田芳生」男
ショッカー朝鮮支部から派遣、名誉韓国人、意外と知られていない元共産党員。


こいつに完全にブチ切れているのが、橋下徹氏。
氏の出自が、週刊朝日に報じられた際には、「これは面白い」とか、反論に対しては「よくわからん言い訳」と言っていたくせに、所属する党の代表、レンホウの戸籍開示の件では、それを求めた人間に対しては「差別だ」と、部落差別まで持ち出して、人権問題に絡めてた。
なんだか、とっても分かりやすい、ダブルスタンダートで笑ってしまうが、彼の頭では、どのように整合性をとっているのだろうか。


他にもいろいろ、ヘイトスピーチ規正法を作れと言っては、韓国人を証人として出廷させてくるなど、頭、悪すぎの面が多数あり。
私は「日本人の代表じゃありません」と、自分から言ってるようなもので、こっちには、桜井誠氏がブチ切れてた。


そして、極めつけが、横田夫妻からの不信と怒り。
拉致問題を完全に自身の政治活動に利用。
横田夫妻と孫家族との面会写真を、断りも無く公開したことにより、入手ルートから、北朝鮮と特定され、自身が北と通じていることが明るみに。
なぜなら、横田家からは一枚も写真提供はありません。
韓国だけではなく、北朝鮮にも通じていやがったか、というより、工作員じゃん。


その昔、統一教(現 家庭連合)を、悪の巣窟と見立てて攻撃し、いかにも識者ぶってマスコミに登場したことから、知名度がアップ。
以後、イケイケで、自身の主張も受け入れられ、国会議員にまで登りつめる。


悲しいかな、人は、マスコミの主張を受け入れる。
在日左翼に、メディア自体が乗っ取られていることにも気づかず。


「海賊が来た、海賊が来た」
村を守ろうと、必死に叫び続けるウソップの声は、誰にも届かなかった。
多くの民は、信頼の厚い、クレハドール、百計のクロの術の中。


時代はいつも同じ、本当の勇者を、いつも見殺しにしていく。
何よりも、イエス様がそうであったように。


古いですが、貼っときます。


怪奇! ゴーマニズム男

選挙というのは、立ち位置がはっきりするので、いろんな人物の、それまで隠されていた部分を炙り出してくれたりする面もあり、けっこう興味深かったりします。


さて、ショッカー本部が送り込んだ今回の怪人は、怪人「小林よしのり」男
昔、ライダーカードを集めていたので、こういう怪人は、なかなか興味深い。
すこし難解な人物のようですが、軽く触れていきたいと思います。


ひところ、「ゴーマニズム宣言」を発表したりで、一躍、時の人となった頃もありましたが、どこでどう変貌したのやら。
左翼が右翼の皮を被って生きてきたような人物で、翻弄された方も多いと思いますが、ここにきて、ついに正体がばれた感じになったようです。


ネットニュースで確認しましたが、「一に立憲民主党、二に希望の党」だったのを、「二に共産党」に変えたことを表明。
作家、百田尚樹さんが、その変貌の過程を発表してましたが、感じるのは、作家として成功した背景を武器に、浅い知識と机上の空論で、政治の世界に首を突っ込んだはいいが、お花畑の論理は所詮、いつか最後を迎えるというもので、それが今という顛末。


我々が直面しているのは、今、そこにある危機からの回避であって、保守がどうのこうのと、言葉遊びの世界じゃあない。
そもそも、自民党は自主憲法成立が結党したときからの党是で、粛々と目的に向ってやってきただけの話であり、国民としては、保守だからどうのと言われても関心なし。
ガソリーヌ山尾の決死の不倫擁護、テロ等準備罪の反対、偽装保守というより、完全にパヨク化した姿に、当時、あの本のファンだった人は、とても同じ人物には思えないと、そうとう幻滅している方が多いようです。


こういう怪人は、仮面ライダー上念司氏が出るまでも無い、三浦瑠麗姉さんがフルボッコにしてましたし、橋下徹氏に至っては「あいつはバカだ」とはっきり。
なかでも、桜井誠氏が、徹底的に暴いてますね。



ああ、だんだん書きたいことから離れていく。

快刀乱麻 上念司

日本は選挙モードで、地上波はどこも似たような関連ニュースばかりですが、マスゴミの悪意ある意図的な誘導に乗って、行くべき人が行かなくならない限り、結果はすでに出ている気もします。
本当は、これから歴史を掘り返していく内容に入りたかったのですが、このように、今、日本は重要な局面を迎えているし、しばらく国内情勢でいきたいと思います。


そもそもですが、今、なぜ選挙かということに関して、野党は、相変わらず的外れな論調でしたが、おそらく外交上の理由が一番大きいのではないかと思います。
トランプ来日も控え、あの件で、ある程度の方向性も示したいし、北朝鮮の動向を睨んだ上での、ギリギリの日程調整だったのでしょう。


ということで、こちらも、そろそろメディアの惨状でも、取り上げていきたいと思います。そろそろ、本当に、うんざりしてきたものですから。


知る人ぞ知る、経済評論家の上念司さんでも、紹介しときます。
すでに、Net配信のチャンネルくらら、虎ノ門ニュースなどで有名なのですが、国会の公聴会でも公述人として活躍されております。


とにかく、次から次へと、国家を崩壊に追いやる、おかしな連中が現れてくるものだから、こちらもストレスが溜まる一方。
そんな中、敵の攻撃を軽々とかわし、凄まじい口撃で論破してくださるので、なんだか爽快で仕方ありません。


でも、正論言い過ぎて、地上波に出てこれんだろうな、偏向報道を横行させるメディアが幅を効かす世界では。
本当はこういう人に、しかるべき場所で、しかるべき活躍をしてもらいたい。
よって、おかしな怪人ばかりを相手に戦わざるしかえず、まるで仮面ライダー。


さあて、ショッカー本部が送り込んだ、今週の怪人は、怪人ムラサキ頭・・・とか、怪人TBS男・・・そんな感じになってしまっている。


例えば、したり顔で解説する池上彰でさえ、この人の前では格下。
元NHK,元左巻きの活動家、解説がうまいので業界では重宝され、視聴者の人気もあるようですが、全ての分野を網羅というわけにもいかず、経済に於いては国民を誤導、いろんな嘘が、上念氏により炙り出されております。




余談ですが、最近、店頭で、池上彰の「ニュースを疑え」という本を見つけました。
てっきり、「池上彰のニュースを疑え」かと思って、やっとこういう本が出る時代が来たかと、少しびっくりしたのですが、ああ、勘違いでした。