ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

あの聖人も沈没

一郎さんブログより、気になる稿がありましたので、本編の筋からは外れる内容ですが、こちらで投稿します。
以下、3月投稿「777双のレベルの低さを 渡辺のお兄さんから学ぶ」より引用


マザーテレサも お父様につまずき そのことで クイーンダイアナ 不倫女が死んだことで 栄光の葬式から いつ死んだか判らない 死に方を マザーテレサはしました。
 完全な 天の裏切り者であり サタン側人物を持ち出す時点で マザーテレサの公金の不明さはもとより 公金で 生きてきた方の 傲慢さを理解できます。
~引用終わり~


これ、よくご存知でしたね。
いずれにしても、こちらからすれば見上げる人物ですし、それまでの功績もあり、必要以上に故人を貶めるようなことはしたくないのですが、上級者には知っておいてもらっても良いかと思い、すこし触れます。
私が知ったのは、まだ最近の海外ニュースだったと思います。
黒い人脈と言いましょうか、話題になってました。


真相を掘り下げるつもりはありません。ただ、それゆえに、神に託された側の姿勢というか、在り方、生き方というものを、考えさせられることが多いです。
実は、宗教者には、宗教者ならではの傲慢さというものが存在することを、最近、身近でよく感じるのですが、たとえ本人が、どれだけ神様の愛に満たされようが、結局、人間というのは、その堕落性から、なんらかの中心に立ったり、相手をマウントしたり、そういうところで満足を得たがるもの。


これ以上、掘り下げることは控えますが、このことゆえ、彼女の聖句は、私には入ってこなくなってしまった弊害が存在します。


神様の願いを、完全には理解することが出来なかった。
これは、マザーテレサだけの問題ではありません。
人生の高みに行った者ほど、ある種の選択を迫られる気がします。


頂上手前でこけて、それまでの苦労は何だったのだろうと、神へ至る道の困難ささえ感じ入るのでした。
晩年は、神様から切り離された感覚、孤独との戦いだったようです。