ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

ドナルド・トランプ

正統派クリスチャンの視点から見た、トランプ


地上波やマスゴミの洗脳を受けてしまっている人には、日本や世界の動向がどのように動いているか、目測を誤ってしまうので、今更ながらですが、すこし、トランプについて、語ってみたいと思います。


トランプの登場は、魔界の住人たちにとって、そうとう厄介な存在で、出発当初から、そうとうな反発と、策略が張り巡らされていました。
魔界というと、宗教的、観念的になってしまうので、具体的に言いますと、シオニスト軍団、ジョージ・ソロスや、その他諸々、グローバリストの連中のことです。


実際のところ、トランプはどこまで見えているかは分かりませんが、少なくとも、その背景には、キリスト者たちの、切実な願いと祈りが込められています。
とにかく、あまりに世を覆う闇が深く、どちらかというと、反トランプ派の素性を探った方が、ヤバイ奴等の目的が分かってくるかもしれません。


まだまだ窮地にある、トランプ政権と、世界情勢。
ここでは、ほとんどの人が、アメリカでの選挙権がないと思いますが、祈りというのは、応援団の側面もあると思います。
「神様、平和を・・・」と祈るより「トランプ、がんばれ・・・」の方が、具体的で、神様も認知してくださるのではと、勝手に思ってます。


今は、インターネット、スマホ(神様側)  TV、マスコミ(サタン側)
情報入手に関しては、こんな構図だと聞きました。


安倍政権支持率の世論調査でも、3割だの4割だの言ってますが、大規模ネット調査では、60パーセント越えで、別のネット調査では、7割越えの結果もあるとか。。
大規模と言ったのは、11万3千もの得票があり、時事通信社の票数が2000だったことを考えれば、規模の差は大きく、マスコミが完全に悪意をもって操作していることは、あきらか。


それにしても、ネット民は、あれだけ加計学園だの、なんだの、いろいろあっても、偏向報道を見抜いて、冷静に判断してますなあ。


少し古いですが、応援の意味を込め、貼っておきます。


あきらめたら、そこで試合終了だ。



【海外の反応】海外「トランプ次大統領の政治顧問がスラムダンクの安西先生に似てると注目されていた」



グローバリズムとは

敵の侵攻があまりに速いので、こちらも、少し結論を急ぎ、内容は、いづれ後を追う形にしたいと思います。


我々の敵は、我々の気づかないところで、すでに深く静かに侵攻しており、おそらく気づいた頃には、侵略はすでに完了していることでしょう。
簡単に言うと、グローバリストの最終目標は、世界統一政府の樹立で、地球上の軍事、経済、全てを、その管理下に置く事です。
そして、その中心思想こそが問題で、ほとんどの人が見過ごし、認知できずにいる、偽ユダヤ人たちの信奉するものなのです。


わが国を例に、たとえば、統一政府の拠点が、中国に出来たとしましょう(べつに、どこでもいいのですが)。
国の存亡に係わる、重要な政策決定が、首都東京ではなく、とんでもない所の、しかも、日本人でもない、とんでもない奴等に成されるわけです。
ハイ、これで日本侵略完了。


近年、これに似たことが、イギリスで起きたことを、ご存知でしょうか。
EU離脱問題です。
英国の重要政策決定が、ロンドンではなく、EU本部ベルギーのブリュッセルという、そんなところからコントロールされたら、たまったものじゃないという、英国人ギリギリの判断が、クサビを打ったものだと思ってます。


「日本は、日本人だけのものじゃない・・・」と、どこぞのバカが、ネットで言ってましたが、笑えない現実が、目の前に迫っているのは確か。


もうひとつ。


最終的にグローバリストにとって、厄介になってくるのは、銃の存在。
こんなもん持ち歩いている連中がゴロゴロいたら、コントロールどころじゃない。
野望達成の直前に、正義の連中に蜂起されようものなら、水の泡。
そうだ、今のうちに丸腰にして、抵抗できないようにしておこう。
こうして、合法的な侵略が開始され、どんな悪事が行われようと、決して正義が手出しできないように、法的に縛りをかけるわけです。
中国が、チベットや内モンゴルの自由の戦士をテロ呼ばわりしているのは、ひとつの教訓かもしれません。
一度、主権を奪われると、武装解除されるので、二度と国を取り戻すことは出来ません。
ダライラマの悲痛な思いが伝わってきませんでしょうか。


そして、これを、いち早く感知したのが、アメリカ在住の、わが大将なのですが、銃器を持った写真つきで日本人に伝えようとしたところ、文化の違いで、うまく伝わらず、ヘビのおっさんが颯爽と登場。


家庭連合のカテゴリ上位に、火の粉をナントカというルポライターがいますが、モデルガンを持った、あるサンクチュアリ教会員を、写真つきでボロクソ蔑んだり、同じく、うちの若大将も、貶められていました。


それにしても、さすが、ヘビのおっさん、やることに抜け目がない。
いちいち、すばらしい人材を、ここぞとばかりに布陣してくる。
こちらも、銃の問題は「あんたのレベルじゃ無理だ」くらいは、思わず言いたくなってくる。


この方も、何らかの正義感をもって、ブログを書いてらっしゃるのだと思いますが、とにかく、おっさんは一枚上手であることを、知るしかない。
術に取り込まれ、結果的に、使い魔のような形になってしまっているのは、哀れ。


かつてナイラの涙で、アメリカがイラク戦争に突入していったように、おっさんは、人の正義感さえ弄ぶ、最強の知略家だということ。


とり急ぎ、簡単に書きましたが、今回も「ナイラの涙」の解説で、貼っときます。



嘘から始まった湾岸戦争!自作自演の議会証言とPR操作!


闇に挑む ホロコースト編

みなさん、用心してください、歴史は書き換えられていますよ。


これまでの流れでいきますと、はたしてホロコーストは、本当にあったのだろうかという疑問さえ、浮上してきますが、いかがでしょう。


私は、なかったとは思ってませんが、少なくとも、これまで我々が知らされてきたようなものではなく、もっと違った現実が横たわり、真実が覆い隠されていると、強く感じています。
なぜなら、連中の姿が、おぼろげながら、見えてきたからであり、その手段ときたら、これまでにも少し綴ったように、善人が悪人に仕立て上げられてしまうほどのもので、まったく浮かばれません。


私が見た、ホロコースト生存者の動画では、ハリウッドが作った映画とは、全く違う証言が存在していました。
なぜ、ヨーロッパ14カ国では、ホロコーストは無かったというだけで罪に問われるのか。少なくとも、疑いの余地のない事実なら、ホロコースト否認論を法律で規制する必要なんてないのではないか。
例えば「広島の原爆は無かった」なんて、誰も言いませんよね。
規制する必要がないほど、事実を裏付ける証拠が、存在するからです。


どうもスピルバーグが設立したホロコースト生存者財団は、5万人の映像証言を集めた中から、嫌悪に満ちている嘘つきとシオニストだけを精選して、ドキュメンタリーを作ったようです。
そして、我々が認知してきた、あのガス室の存在さえ、そうとう怪しいことも、分かってきました。


シオニストは悲劇を作ることによって、イスラエル建国を正当化したかったらしいし、そう考えると、あのヒトラーは、いったい何と戦い、どこを目指していたか。
 連中によって、必要以上に貶められ、もしかしたら、歴史的なスケープゴートにされたのではないかという疑問さえ沸いてきます。
この辺りは、また別の機会にしたいと思いますが、思いっきり、結論を急ぎます。


これら、隠蔽軍団のシオニストやユダヤ資本家は、グローバリズムの中心に存在しており、残念ながら、我々は、そのグローバリズムの恐ろしさを、まだ分かっていません。


そして、対極にいるのが、トランプやプーチンであると、今はそれだけ知っておいてください。


今回も紹介しておきます。
私はこの「サラのチャンネル」に、お世話になってます。



【サラのチャンネル】神格化されたユダヤ/ホロコースト【拡散支援・保存支援】