ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

沈みゆく韓国2 満州人脈

「小泉政権は長期本格政権となる」
このタイトルからすると、色あせた感はありますが、内容としては、これからも全く色あせないであろう、過去を知るうえで、貴重な内容が詰まった本があります。
著者 河西徹夫
政治経済評論家 元国際勝共連合事務総長
かつて、この方の講義を、どれほど受けたであろうか、そして、今はどうされているだろうか。


韓国がアホなことを仕出かす度に、この本の内容が、いつも思い起こされ、深い落胆を禁じえないのでした。
思えば、その最も激しい憤りを感じたのが、2015年9月3日。
朴槿恵が、中国の軍事パレードに参加したときで、「ああ、遂にあなたは、日本を振って、中国に嫁いでしまったのね」と、思った瞬間でした。
それから今日に至り、ますます崩壊の一途を辿り続ける韓国に、残念ながら明るい未来は期待できない。


本の内容は、とても濃厚なので、簡単に紹介することはできませんが、おそらく最も重要なのは、大陸における日本の足跡、韓国との関係、いかにして近代国家日本が形成され、未来を模索していったか、背景をきっちり書き込んであることでしょう。
例えば、朴槿恵の父である朴 正煕(パク・チョンヒ)と、安倍さんのじーちゃん岸信介との、日韓人脈と、満州人脈でつながった深い信頼関係のことなど。


1961年5月16日、韓国で軍事クーデターが起こったときには、その主役、朴議長の写真を見た或る関係者が、「あれは高木じゃないか」と、叫んだそうで、これが、満州国軍官学校二期生の朴 正煕、日本名「高木正雄」であり、実権を握った直後、日本に立ち寄った際には、軍官学校の校長と同期生に再会、さらには岸とも会って「明治維新の志士のつもりでがんばる」と宣言したという。


朴大統領にとっては、今日の自分をつくったのは、満州の軍官学校であり、陸士であるという強い思い入れがあったのであろう。
~岩川隆氏の「忍魁」より、少し引用しました~


時を経て、朴槿恵政権では、教訓と先人の切なる想いは果たされたのだろうか。
答えは、否。
悲しい過去は知ってるが、あんた、とーちゃんから何を学びとったんだ。
続く文政権では、ほぼ崩壊。
先人たちの無念さが、悲しいほど伝わってくる。

「白村江の戦い」に想いを寄せて

次から次へと、韓国はいろいろやってくれる。
率直なところ、レーダー照射問題は、おそらく青瓦台が軍部をコントロールできなくなったのではと思わされ、国家瓦解の予兆を感じる。


ところで、韓国という国は、情報制御された共産主義国家でなく、自由主義国家ですよね?
こういう基本的なことに、確認が必要なくらい、韓国という国は・・・
いや、ほんとうに驚くほど、愚かというべきなのか、自国の歴史と、どのように向き合ってきているのか、まず、ここをとても疑問に思ってしまいます。


わずか400文字の檀君神話にしがみつき、過去の歴史を探求し、正視する努力もせず、これもわずか数十年の近代史から、結果ありきの反日に繋がる都合のいい事案だけを抽出し、自ら滅びの道を選択しようとしている。
これが、謀略、捏造、歪曲、なんでもありきの中国と同じ体制というなら、まだ納得もできようが、なにせ自由主義というのだから、始末に困るし、結果的に、あの方や二代王を追いやってしまうだけの素養は、十分理解できてしまう。


当時を振り返って、アホ幹部達の歪曲歴史観が、教会内に蔓延した時代も長く続き、改めて言いたいことは山ほどありますが、それはまたの機会にして、今回は「白村江の戦い」に軽く触れておきます。
「近代日本の根底は古代史にあり」と言いますが、紐解いていくと、日本と中国大陸との関係も見えてきて、根っこの深さに誰もが気づくでしょう。
相変わらず櫻井女史のコラムが群を抜いてますので、参考になさったらよいかと思います。
「 白村江の戦い、歴史が示す日本の気概 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト


結果は敗戦となりますが、この戦いも、半島(百済)からの要請が発端にあるわけで、百済が唐の高宗と新羅の軍隊に滅ぼされて以後、鬼室福信・黒歯常之らが、倭国に滞在していた百済王の太子豊璋王を擁立しようと、倭国(日本)に救援を懇願するわけで、義に感じた中大兄皇子がこれを承諾、唐・新羅との対立を深めていくのです。


で、この件で、何が言いたいかと言えば、以前、私のブログ「日韓併合に何が」でも書きましたが、そのときも、まず発端は、朝鮮側政府の要望があってこそ、日本は併合に舵をとり、大韓帝国を合法的に統治、その近代化を支援してきました。


あらためて、特に教会員に聞きたいのですが、こうゆうの知ってます?
悪の三国同盟を結んで戦争に向ってしまった日本人は、ほとんど悪者扱いにされているので、どさくさに紛れて自虐史観を埋め込むのは容易、もしかして、深い洞察もせず、事に気づかないまま、韓国に謝罪せよの流れができてしまったのでは?


韓国人にも言いたい。
我々の先人は、あなた方の先祖と手を取り合って、蛮族と戦ってきたんですよ。
長い年月で、蛮族の文化にでも染まってしまったか。なんと哀れなこと。

犬伏の別れ

交流のある、家庭連合の何人かに、年賀を書きました。
残念ながら「犬伏の別れ」の如くになってしまいましたが、現状、それぞれの立場で、み旨を推し進めるしか道はなさそうです。ご武運を祈ります。


内容はざっとそんなもんですが、自分としては区切りをつけたつもりです。
真田家の生き残りを賭けた、決別の地「犬伏」。
関が原の戦いを前にした、真田昌幸、信幸、信繁の親子は、激論の中、道を模索します。
西軍三成に味方するか、東軍家康とともに行くか。


さて、世界情勢はまさに緊迫した状況下。
情勢は、それぞれの国家、あるいは個人にも、選択を迫ってきています。
悪の管理社会グローバル世界に属するか、それとも、まだ見ぬ真の自由世界を目指すか。


カルロス・ゴーンも、逮捕前には、この「グローバル」を、やたら連発していたらしいですから、大方、悪魔に高台に連れられていき、イエス様の時のように「この世界をお前にやる」などと、近いようなことを言われたか、何かを見てしまったのかもしれない。
ゴーンさん、やはりあなたは、そっちを選んだか。


さて、この視点からすると、家庭連合の立ち位置も、大変わかりやすい。


人類全てを管理社会に組み込もうとするグローバル集団が暗躍している中、いち早くそれに気づき、アメリカにおける銃規制の問題に斬りこんだ二代王は、確実に、真の平和と自由社会を目指す、勢力の中核に存在しており、逆に、この問題に背を向けている組織というのは、ただそれだけで、戦線離脱、もしくは、調略を受けたと見る事ができる。


どちら側なのか、もはや、いちいち証拠がどうのと探す必要もない。
銃規制の問題を叫ばないという理由だけで、敵の軍門に落ちたと言っていいのでは。


以下、「サンクチュアリNEWS]より、個人的に注目した記事を引用します。


ロッド、君はオーストラリア出身でしょう。映画のモデルになった実物のクロコダイル・ダンディのことを知っていますか。オーストラリア政府が国民から銃を取り上げようとしたとき彼は体を張って反対しました。銃撃戦になったと聞きましたが本当ですか?名前は何と言いましたか。ダン・ディーだそうです。(笑)  政府に自分の銃を渡さないと言って彼は本当に戦いました。(政府に)反撃したのです。自分の権利を守ろうとしました。政府は彼を射殺しました。彼は自らの権利のために闘ったのです。大きな原則、大きな目的のために。なぜオーストラリア国民は銃を手放すのかと疑問を投げかけました。われわれは人間ではなく動物園の動物なのか・・・。とにかくオーストラリアはそういう経緯をもっています。(訳注:銃乱射事件を契機にオーストラリア政府は1996年に「銃規制法」を成立させ、施行した)
それ以降、この国の殺人事件は急上昇しました。


2018・12・9 説教より


まさか、「クロコダイル・ダンディ」に、こんな真実と、結末があっただなんて。


おまけ ※注意 一生耳に残る

石田三成CM<第一弾>