ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

キリスト教会

老いては子に従え
韓鶴子に対しては、このことわざに尽きる気がします。
でも、ご自身が鬼籍に入った後は、誰を後継にするんだろうか、ふと考える、今日このごろです。
魔界の王位争奪戦みたいになるんじゃあないだろうか。


さて、話は変え、エルダーさんや、あるプロテスタント教会の方など、複数の方が、全く同じ考察をされていましたので、私も同感、大事なことだと思い、内容は、ほぼそのまま(すいません、転載に近いです)、多少加工して、簡単に書いてみたいと思います。


カトリック教会は現在、その頂点において、完全にサタンの支配下にあると言うのが、亨進様の見解、そう理解していいと思います。


カトリックとプロテスタントの大きな違いの一つは、カトリックの権力集中とプロテスタントの権力分散です。権力が集中していると、ほぼ必然的に腐敗が生じ、組織が神様と人間の間に割り込んで来て、結局は組織が神様の立場に立ってしまい、家庭連合もその例といっていいでしょう。
一方、権力が分散していれば、一部に腐敗があっても、自由競争を応用して比較的容易に改革することが可能です。
真に残念ですが、カトリック教会をサタンから奪い返すことは、大変困難なことと思われます。


それでも、孤軍奮闘する、ある聖職者もいます。
いつだったか、海外のサイトですが、カトリックの闇を暴いた、ある歴史家が、ミリンゴ大司教のことを you tubuにupして褒め称えていました。
多くの聖職者が、知られたくない多くの事件を隠蔽しようとする中、唯一、ミリンゴ大司教だけが、「残念ながら、カトリックには、暗部が存在する」と、言い切ったからです。
多くを知り、あえて暗部を曝け出す司教の、その姿勢に感銘をうけたのでしょう。
「あれは、いい人だ、こういう人物は、なかなか出てこない」
さらっとでしたが、そんな内容を語っていました。


私も、そう思います、あの方は偉大です。


それにしても家庭連合、こうも知恵者が絡め取られ、悪魔の侵入を赦してしまうとは、いったいどうしたことか。
心理学用語で、メタ認知という言葉がありますが、家庭連合という準拠集団の心理で動く人たちには、なんとなくこの能力が欠けていると思われるので、それへの警告とします。
要するに、思い込みが強すぎるということ、もっと柔らかくいきましょう。


 賭けに勝ちたかったら、とにかく、勝ち馬に乗れ・・・と


それにしても、日本には、いいコトワザが、いっぱいあるなあ。


※ Wikipediaより
メタ認知(メタにんち)とは認知を認知すること。人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。それをおこなう能力をメタ認知能力という。


メタボで認知症の人ではないぜよ


原点回帰への道

幼い写輪眼の映し出す世界は、まだまだ小さい。
地上にも、霊界にも、2重3重にブロックが懸かっていて、それらを掻い潜って真理に到達するのは容易ではないし、こちらにも、相応の用意がいる。
即ち、祈り求める行為、苦悶の期間、善なる条件、あたり全員を敵に回してでも、神様を信じきる覚悟、様々な内容を満たしてこそ、おそらく辿り付けるものだと感じますし、それらが揃わない御人には、いくら目の前に真実が横たわっていようが、おそらく一生、なにも感じることはできない。


そういう自分も、なにかを満たして立っているわけではありませんが、相棒のおかげで、かろうじて、立ち位置だけは確保できた感が強い。
こいつを送ってくれた神様に、とにかく感謝するしかない。


カール・マルクス、かつて共産主義思想が、失墜した資本主義の懐から起こったように、悪魔は非常に身近なところから勃発したとしても、何らおかしくはないことに気づきます。それが、家庭連合であり、偽基元節。
もう一度、振り返って見るのも大事なことかと。


ヨハネの黙示録 第17章4~6節
この女は紫と赤の衣をまとい、金と宝石と真珠とで身を飾り、憎むべきものと自分の姦淫の汚れとで満ちている金の杯を手に持ち、その額には、一つの名がしるされていた。それは奥義であって、「大いなるバビロン、淫婦どもと地の憎むべきものらとの母」というのであった。
わたしは、この女が聖徒の血とイエスの証人の血に酔いしれているのを見た。



私は、そう知りましたが、さて、皆様は、これを、どう読み解く?
あちこちネットサーフィンされてる方も、いつかは腹を決めるといいですね、さもなくば、いずれ行く霊界では、神様とは何の関係もない永遠世界。


門を叩かねば、絶対に開けてはもらえません、結局のところ、私たちは必死で尋ね求めるしか道はないのです。

女王の帝国

前稿のつづきです。
なんだかんだ言っても若旦那の御母堂だし、その他いろんな気遣いから、韓鶴子への、直接的な攻撃は避けてきたつもりでしたが、本部からの情報や、皆さんの様々なブログを読んでいて、少し考えが変わってきました。
いや、おそらく私が、神様の心情、事情を、何も理解していなかっただけなのでしょう。
それゆえ、王の心の痛みは、計り知れないものがあります。


今では、ショッカー本部が繰り出してきた、新たな使者「韓鶴子」女。いや、信者を惑わすという面からすれば、大幹部級でしょうか、そんな認識しかありません。
しかし、私が狙うは、こんな操り人形ではない、その奥で糸を引いている、大首領の首。


で、堕ちた教団の現在位置は、霊界ランキングはどのあたりか、少し気になっていましたら、なんとなく、そんな答えが返ってきたような気がしたので、書いてみます。


神様と悪魔との戦いは、条件の奪い合いだというのは、勉強された食口なら当然ご存知だと思いますが、これは、高度な政治的取引に例えることも出来ると思います。
今の世界情勢を見ても感じるのですが、神様側のトランプ政権を、出発時から支えてきたのは、福音派キリスト教会です。
即ち、伝統的なプロテスタント教会。


私は、毒酒事件あたりが、ひとつの転機にあったと思うのですが、堕ちた家庭連合と引き換えに、神様は、サタンから福音派キリスト教会を奪った、失礼、取り戻した。
どこかのブログに書いてありましたが、同感してます。
つまり、交渉によって、カードを交換したわけです。


そして、現在の家庭連合の霊界の位置は、イスラムより低い・・・と、これも何処かに書いてあったような。
まあ、霊界ごとなので、信じるか、信じないかは、それこそ、あなた次第ということになりますが、高い使命を失敗し、尚且つ、混乱の緒源とするなら、そのとうりですし、私は、これにも同感してます。


最後にひとつ。
本部、エルダーさんの「お答えしない質問」というタイトルがあり、興味深いです。
「真理は、探求の過程を経てこそ、真の意味で自分のものになる物かもしれません」と締め括っておられましたが、とても共鳴いたします。


マスゴミの垂れ流すニセ情報、書き換えられた真実の歴史。
みなさん、乗り越えることが、できましょうか。


一事をこととせざれば、一智に達することなし
考証に必要なブログは、かなり多くありました、みなさん、有難うございます。


おまけ


よくぞ耐えた、大作少年!
「真実とは、たずね求める所にあり」
今は亡き、托塔天王晁蓋殿の教えを見た、ならば後は、我らにまかせよ。


OVAジャイアントロボ 地球が静止する日 より