RAIKOU のブログ

赤い侵略とグローバリズムから皇国日本を守る

あるキリスト者の個人ブログです。二極化された世界構図を前に、いかに天道に沿って生きるべきか、思索を深める一助になればと思います。

中国を斬る2 易姓革命

中国5千年という虚言。
孟子らの儒教家が理論づけた「易姓革命」という考え方がありますが、これが最も根源的な誤りで、全ての元凶と言えるかもしれません。


天命を受けた有徳の天子が王朝をつくり、万民を統治すると説く。もしその王朝が徳を失ったら、天は新たに、別の姓の有徳者に天命を与え、新たな王朝を建てるというもの。


通常、王朝交代は、新しい勢力が前王朝を滅ぼすことによって成し遂げられるが、この理論により、前王朝は全否定され、新王朝が正当化され、在らぬ美談も出来上がっていく。
前王朝は徳を失い、万民を苦しめた。だから、新たな有徳者が立ち上がり、前王朝を滅ぼし、新たな王朝を開いたという捏造物語が始まる。


このように、中国史の王朝交代は、つねにこの易姓革命の正当化による、欺瞞の繰り返しで成り立ち、日本のような伝統や文化の継承などとは別世界の、嘘で塗り固められた歴史で綴られてきている。
歴史修正主義の温床ともいえ、中国5千年という虚言から学ぶべきものは、ほとんど無い。
現在の「習近平王朝」は、その結実とも言え、これだけコロナで世界を混乱に落とし込んでおきながら、政治利用し、発祥地まで否定。
どさくさに紛れて、未だ尖閣周辺で、隙あらば侵略の機会を伺っている中国船。


今の日本の政治家に要望するとすれば、最低でも、こうしたシナの歴史を認識したうえで、国家のことを考えていってほしい。
近平来日はどうなるか知れませんが、断固反対の運動は続けていきたいと思います。


というか、安倍さんは、コロナは「中国から世界に広がった」と、しっかりアメリカと歩調を合わせの発言をしたので、腹を決めたように感じる。それでよし。



見てはいませんが、アニメ「キングダム」も、歴史の裏を知ると、ほとんど興ざめしてしまい、それぞれの氏族共同体が担ぎ出した人物を、勝手にヒーロー扱いしてるだけじゃないかと、冷めております。だって、最終的に皇帝「習近平」なんだから。
でも少し引いて見るのはいいかも。

中国を斬る

ご心配おかけしました。完治には数か月かかるそうですが、ひとまず手術は成功、無事退院となり、あとは自然治癒で、自宅療養だそうです。三途の川は拝ませて貰えなかったところを見ると、もう少しやることがあるのかもしれません。気にかけてくださった多くの方に、まずは感謝申し上げたいと思います。


さて、入院中は時間があるため、読書にふけったりで、いろいろ充電することが出来ました。日本はなぜ戦争へ突入していったか、なんで日本はこうも迷走するのか。なんで中国はこうも狡猾なのか。考えることばかりでしたが、そんなところから入ります。


著名な識者からの内容で、ご存じの方もいると思いますが、歴史上、今日に至るまで「中国」という国は存在しませんし、したこともありません。
しいて言えば、「中華思想」が、これに当てはまるかと思いますが、ただしこれは国に非ずで、かといって内容的には合致しており、この国境を持たない国家観が恐るべき本質です。
英訳では「ミドルキングダム」で、共産党政府こそが、世界の中心という思想。
馬渕睦夫さんなど、中国は国ではなく「市場」というような言い方をされていますが、これも正解と言えるでしょう。
日本人が錯覚しているのは、実にこの点であり、日本のように、同じ土地で、一つの歴史が途切れることなく続いていると勘違いしている事。
どこかで留目を刺さないかぎり、国境を持たない怪物は、尖閣も、南沙も、沖縄も、台湾も、いづれ全てが自分のものだと主張し始め、世界全ては仮想国家「中国」ということになるでしょう。
なんせ市場には国境はありませんし、これが怪物の正体。


しかし中共は「中華人民共和国」の略称と強弁するかもしれません。ですが、蒋介石の「中華民国」はどういう扱いなのかという問題は残り、逆に「中華民国」は国として存在し、「ひとつの中国」というマヤカシを受け入れるまで、日本とは国交をもっていた事実の方が浮き彫りになってきます。なんせ「ひとつの中国」どころか、一度も「中華民国」を支配したことはないのに、この勝手なプロパガンダ戦略によって、いかにも同じ国と言わんばかりに、戦略的に組み込もうとしているのは、侵略国家の特性。



だから多くの国は、中華人民共和国を、「中国」と呼ばず、秦(シン)が転訛した「シナ」をもととする呼び方をしており、英語では「チャイナ」、イタリア語では「チーナ」など、むしろ日本や韓国が「中国」に基づいた呼び方をしている方が、世界では例外的。
まず、この違いを認識していくことが、とても重要かと思います。


奇知外戦3 韓流 VS 大往生流

韓流鶴子偽孔雀拳 VS 大往生流鶴足回拳


守るべきものの為には戦争も辞さない覚悟があるうちは、戦争にはならない。相手も覚悟がなければ手出しできないからだ。
逆に、平和を唱え、戦いを避け続ければ、敵の調略を受け、必ず戦争に巻き込まれていく。これが世界の常道、中国に対する考え方としてもいい。


統一教会最下層・極左の「奇知外記」tomy4509
第2ブログで「peace2」と平和をうたっているが、中韓同様、虚偽を包する国ほど「平和」「正義」という言葉が大好きで、全て共通している。
しかも、勝共(共産主義崩壊)理論を唱えながら、ディープステート側(左翼)に組する、全くの新種で、どこぞのウイルスにも共通する。多くの者は免疫がない。
まだトランプの祝電を掲載しているようだが、厚顔無恥なのは知っているので、もうどうでもよい。


親から授かりし尊い名を捨て、よりによって「奇知外」を冠する心理とは何ぞや。
英訳では「サイコパス」が最も近い言葉であり、何度でも言うが、日本では放送禁止用語。
事情は知らないが、よほど家庭環境に問題があって、本名が嫌なのか、一族への冒涜ともとれ、先祖が泣いているように感じる。
敵国女教祖に、いったい何を見出したか知らんが、まさか家庭の不幸への反発か、私怨、あるいは理想を追い求めすぎて、お花畑に迷いこんだか。多少有名人なのは承知しているが、その分、周りへの悪影響が心配だ。


時に、若い世代には、多くのことに疑問を持ち、内外問わず、全てを信じず、自ら検証し生きていってほしい。このように、世の中、虚偽だらけだからだ。
こうした教会の罠、WGIPの洗脳、ディープステートの存在、越えるべき壁は山ほどあり、辿り着くまでは大変だが、正しい知識と情報で身を固めていってほしい。


気炎万丈 鉄の意志 華々しくぞ戦わん


今、最も必要なのは、「鉄の杖」ではなく、「鉄の意志」である。
亡国の民とならぬよう、こうした罠を潜り抜け頑張ってくれ。健闘を祈る。


孔雀をまといし鶴の奇声 教会輩に大往生




では、しばしお別れを