ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

天の父母

前稿のつづきで、今度は、家庭連合の退会理由で、こちらは実に簡単。
「相棒」杉下右京がクリスチャンだったら、こう言うでしょう。


「天の父母  はい~~~?」
う~む、まさかオヤジがカマバッカ王国の主らしき存在に書き換えられるとは。


韓鶴子の狂乱ともいえる独生女宣言など、もはや、関心さえありませんでしたが、これにはやられた。
信仰の肝心なところを、こうも大っぴらにやられると、なんだか日本でやってる文書改ざん問題なんて、可愛く写ってしまう。
それにしても、この女は、オヤジのことを何もわかっていない。


オヤジが、実はカマオヤジだったことをカミングアウト・・・なんて信じるか、アホ
これで、韓鶴子一味が、正体を現したのを確認したのでした。
やれやれ、また怪人軍団が増えやがった。


当時、自身の手で退会届を書けなかったことだけが、唯一残念ですが、私の稚拙な表現力では、やはり無理があったので、これは仕方ありません。
もし、書いてたらこんな感じ。


「オヤジがカマオヤジだったなんて、誰が信じるか、アホ」


1行で完結
あかん、だんだん、どこぞの海賊コックと同じ口調になってくる。

北斗の拳

私がサンクチュアリ教会に来た、理由らしきもの。
今回は内向きな内容となってます、ご容赦ください。


もし関心を持つならば、この世には、真理の欠片がいたるところに、散りばめられていることに、気づくはずです。
例えば、世紀末救世主伝説「北斗の拳」
一子相伝の北斗神拳に対し、南斗聖拳には数々の分派が存在する。
ここにもまた真理の断片を発見でき、家庭連合の分裂問題に見る、天の相続権争いに重なるものがあります。


我らの創造主であられ、絶対なる天の大いなる御方は、今日に至るまで、決して揺るぐことの無い、男性格主体であられ、この単純な理由から、メシヤは絶対、男でなければならず、天の性相全てを相続したひとり子として、イエス様が選ばれたのでした。
キリスト教では、あたり前の話ですよね。
そこには、決して女性が立ち入ることができない、直系の男にしか相続できない精神領域が存在するのを、私は知っています。
たとえそれが、どんなに優秀な女性であろうと関係ありません。


家庭連合の分裂問題は、ここを分かっている人間にとっては、それほどややこしい問題ではありません。
実際、私は亨進さまの語る内容に感動したり、納得したり、そういう流れで来た人間ではありませんので、実は「沈黙を破って」も、知りません。
恥ずかしいながら、語られる内容も、それほど分析しているわけではありません。


では、なぜサンクチュアリに来たかと言えば、これは、このブログでは書ききれませんが、天のオヤジが勅命を下したから・・・とでも。
私の中の感覚を裏づけるが如く、サンクチュアリには、高い神様の関与する数値が表出するのに対し、家庭連合の波動数値が、まったく「0」という、教会長の示す数値が合致したこともあり、当然、そのまま教会長に従う道を選びます。
しかし、心は全て納得ずくで、「ああ、オヤジは、この方を選んだのか」と、思いました。
亨進さまのことは、家庭連合を退会した後から、いろいろ知るようになり、毒酒事件など、今では、ゾッとする内容ばかり確認しています。


いずれにしろ、真に悪魔に対抗できるのは、何らかの形で、神様から、全ての奥義を受け継いだ存在、それは、絶対に一子相伝で無ければ有り得ず、母系なぞ問題外。
それこそがケンシロウであり、母系がどれだけ騒ぎたてようが、どれだけ南斗聖拳の使い手が現れようが、悪魔への対抗の意味は成さないのです。


「なるほど、若旦那がそうだったのか」と、直感的に知り、内なる感覚に、いつも神様が働いてくださっていることへ感謝します。

再起動 淳子姫

願望を込めてのタイトルですが、一周回って感じたこと。


姫を貶めたい人のタイプとして、教団問題に無理やり絡めて潰そうとする、明らかに確信犯的な左巻き。
あとは、この世の裏を知らない、マスゴミに誘導される人々。


ナントカ弁護士連絡会なんて、親玉が国連を舞台に、慰安婦のウソ情報で売国行為やりまくりなのに、よく教団に向って反社会組織なんて言えたもんだ。
それ言うなら、「貞子VS伽椰子」の戦いみたいなもんで、「どっちの呪いが、最恐か」のレベルで論じ合ったほうがいい。


当時、「洗脳」とか「マインドコントロール」なんて言葉も、よく聞きましたが、だいたい、この世の人間は全て悪魔のコントロール下にあるわけで、もし洗脳されていない人物がいるとしたら、それはイエス様くらいなもの。
こう書いてる自分自身、確実にコントロール下にあることを自覚しつつ、なんとか脱出しようと、日々もがいてるわけで、TVなどで偉そうに、その言葉を発している人間を見つけるたび「おまえがそれを言うか」と、常に感じてしまう。
当時は、有田芳生などが、いっぱしの識者扱いでしたが、特にお前は北の工作員だろが、これを登場させる局は、完全に洗脳状態じゃないのか?
もっと正確に言うと、在日左翼のコントロール下なんですけど、わかってます?


言いたいことは山ほどありますが、これくらいにしておきます。


さて、僅かな禄を食んで生きてきた我らと違って、当時、姫は、自分にとって、いや、全てのファンにとっては、まさに銀幕のスターでした。
よく、どこぞの宗教がらみの事件女優と、比較される場合もありますが、同じ括りにされるには、ちと違和感が。
例えば、同じ映画というだけで、黒澤映画「七人の侍」と、「マジンガーZ対デビルマン」を、同じ扱いにしているようなもの。


名も無し、潰して惜しい禄高も無しのわれらと違って、多くの名声を捨てて教団にきたことは、当時、同じ側にいた自分にとっては奇跡のようでしたが、今思うのは、本当によくがんばってくださいました、ありがとうとだけ伝えたい。
この、ワル対ワルの対決、あとはこっちにまかせて、ぜひ芸能界で、細々とでもいいので、自由にやっていただきたいのが、ファンからの思い。
今、教団は、見えない敵の調略に引っ掛かってしまったゆえ、退会しかお勧めできませんが、どんな状況だろうと、どうか、まわりは暖かい目で見守ってあげてください。
もはや、実の姉を気遣う弟の心情圏になってしまっている w