ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

毒酒事件

今回は、かなり内向きな内容ですので、関係者以外は退避お願いします。
ということで、ブログに限らず、全体的な住み分けも、そろそろ落ち着いてきたのではないかと思い、少し過去を振り返ってみたいと思います。
最近、それとなく、サンクチュアリの主要な方の、気になる過去ブログを閲覧しており、過去を知るうえで、とても勉強になるので、同感する部分だけ選んで、書いてみます。


さて、あの事件が起きるまでは、申し訳ないくらい、ミクロコスモスに関心がなく、政界でキャスティングボードさえ握れない団体の中核に、どう関心を持てばいいか計りかね、関心をもったところで、私なんぞの出る幕でもない・・・といった具合で、情報を仕入れず、積極的に考えずで、今では大きな反省材料になっています。


そして、2013年、いわゆる、基元節の偽聖酒事件。
これは、一般のキリスト教会では、洗礼にあたるようなものかと思いますが、私はここが、これを、各自どう捉えるかが、ミクロコスモスでの、信仰者の「キモ」になってくるのではないかと思っています。


実は私、一匹飼ってまして、ペットと呼べるような代物ではありません。
言葉にすると、こんな感じです。「よう、おめえ、大丈夫か」


今では、その警告が正しかったことが、悔やまれて仕方ありません。
家族まで、巻き込んでしまったし、守れなかった。
でも、実際は、難しかったと思います、「相棒が叫んでる」などと説明しても、説明にもならない話だし、渋々、聖酒式に参加。
その日は、半日、寝込んでしまいました。本来、こんな喜ばしい記念日は、興奮して寝られないはずなのに、実に体はよく知っている。


そして、その後、真実を探求する力が呼び起こされ、恐怖していくことに。
ミクロとマクロの関連性に気づけなかった不覚。
そこから、反省をこめ、自分の頭で考える日々が出発しました。


最近の家庭連合のサイトを見てみますと、独生女論、すなわち、「お母様は無原罪で誕生した」という内容を、本部見解として、正式に認めた感じがします。
一般のキリスト教会が知ったら腰を抜かす、こんな重大問題を、よくもぬけぬけと・・・


ということで、疑問に感じる食口は数多く、崩壊後は何処へ行くかというと、3男派の家庭平和協会へ雪崩れ込む可能性が大きいと言えます。
これは、くるとさんのブログでの考察ですが、私の交友関係もそんな感じなので、実感として受け取れます。
残念ながらサンクチュアリではないのは、姜賢實先生の件も、霊界絡みの事件なので、実に怪しい目で見られているようす。
ブラックフンジン事件など、過去、霊界絡みの怪しい事件が、あまりに多すぎて、本来、真理探究においては、霊界へ目を向けねばならないはずなのに、逆に、枷となって、方向性まで曲げられ、真実から遠ざかるという異常事態になっている気がします。
ですから、聖酒がどうのこうのと、核心部分にさえ、辿り着けない。
さすが、へびのおっさん、抜かりはないとしか言いようも無い。


それにしても、巨大な女王の帝国が築かれてしまっている現在。
もう少し、異を唱える者が出てきてもいいのになあ。

天使の翼

イヴァンカさん、来日
そして、いよいよ、トランプ氏


娘が、ピアノの発表会で、アメリカンパトロールを演奏


帰り路、なにかを知らせるような光景に遭遇。
それは、まるで・・・


サンクチュアリの皆さん、真のキリスト者の皆さん、そして、志ある諸氏方々。
神様は、確実に、共にいらっしゃいます、強く確信します。



豪傑たちの黄昏、勝利の鐘 未だ響かず

今回は、完全に関係者向きになります。


日本食口のみなさん、選挙に参戦してくださった全ての方々、ご苦労様でした。
ミクロコスモスでの勝利に加え、有志の方々のおかげで、なんとか日本の方向性は、正しく保たれたのではないかと思っています。
このまま一機に、憲法改正へと突き進んでもらいたいと願うばかりです。


ただ、世界に目を向けてみますと、なかなか厳しいものがあるのを目撃します。
まだ知らされていないか、あるいは、拡散されていないと思い、そのことに、少し触れてみたいと思います。


私は、不要な誤解なきよう、正々堂々、サンクチュアリ教会員という、立ち位置だけは明示し、このブログに参加してますが、神様の摂理のようなものに対し、あるいは、正道を突き進む、その他、個人や各種団体がいるのであれば、敬意をもって迎え入れています。


よって、各種団体、当然、家庭連合の中にも、個人レベルでは交流はあります。
ある日、そんな友人から、知らされたのですが、2点だけ、簡潔に書きます。


1点目、ネパールで、家庭堂が共産党配下に下ったこと。
これによって、ネパール家庭連合の資金は、完全に、共産党によって管理されることになりました。


2点目、家庭連合は、レダの土地、3万7千ヘクタールの土地を盗まれた件。


統一家は群雄割拠、様々な事情があるのは知っていますが、立場は違えど、元の根っこは同じ、こんな深刻な事態に、決して「ざまあみろ」などとは、思う余地もありません。
私は、家庭連合というより、心情的には、顕進様派の方々の気持ちは、非常に理解しているつもりです。
それに、ジャルジンの研修で、再出発したような人間ですから、あの土地の意味あいも、実感として、理解できる人間です、どれほど悲しいことか。


よく見たら、文顕進様を支持する有志の会のブログに、全て記載してありました。
ぜひ、参考になさってください。
ネパールの家庭堂が共産党に吸収された背後関係を暴露 - 文顕進様を支持する有志の会ブログ


家庭連合はレダの土地3万7千ヘクタールを盗まれた! - 文顕進様を支持する有志の会ブログ


1点目の件を簡潔に言いますと、今後、選挙において家庭堂は、家庭堂のマークを使用することができず、 共産党のマークを使用することになります。
家庭堂側の人士が選挙で当選したとしても、国会においては、共産党の 指示に従わなければならないし、家庭堂は、国会の外では家庭堂の会員であるとは言えますが、国会では 共産党の会員としての役割をしなければならない。


そのように、友人は簡潔に説明してくださいました。


政治の世界では、「調略」とか「篭絡」という言葉がありますが、家庭連合は他にも様々な調略を受け、敵の軍門に下っていることを知っています。
しかし、実体的な、この事件が、他の全ての事件を象徴している気がするのです。


霊界に行かれた、偉大な、あの方の意思が、すべて破壊されていく。
たのむ、家庭連合よ、踏みとどまってくれ。