ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

銃と刀と私 忍者部隊月光編

名ゼリフ「馬鹿!撃つ奴があるか。拳銃は最後の武器だ。我々は忍者部隊だ」
その部隊、その名は「月光」


1964年に設定を変えてドラマ化されましたが、原作は吉田竜夫の「少年忍者部隊月光」で、設定も内容も、太平洋戦争只中。
陸軍中野学校で世界各国へ潜入するためのスパイ訓練をうけ、忍術と科学を駆使して戦場を駆け巡る少年兵たちの物語。
後にヒットした、「科学忍者隊ガッチャマン」の原型とも言われています。


正義と世界平和を守ることを目的とする「あけぼの機関」に所属する、伊賀流・甲賀流忍者の末裔で編成される「忍者部隊」が忍術などの能力を駆使して悪事と戦う物語。
「月光」は部隊長のコードネーム。
~Wikipediaより~


さて、最近、2代王が、平和忍者という単語を使用するようになり、やたら気になって、関連して書いてみたいと思います。
そもそも、我々が一般的に認識している忍者のイメージは、後世になって脚色されたもので、これほど名の知れ渡る存在になったにも係わらず、実像とは、やや離れており、しかし、ある意味、それはそれで、いいのではないかとも思っています。
成り立ちは割愛しますが、「すっぱ」と呼ばれた者たちが実像であり、地侍や山伏が、その任についていたとされます。
2代王も、メジャーに知られているところから引用した単語だと思われますが、別に問題があるわけでなし、むしろ、時代の中、浮かばれなかった忍びたちに注目してくださったことに、心から感謝したいと思います。


近年、海外からの関心も高く、もし外国人観光客に、忍者について何か質問されたら、異常なほど興奮する返し方があるそうです。
「私が最後に忍者に会ったのは、いつだったか・・・」
なんて言おうものなら、うおお~、感動のあまり、卒倒だそうです。
それに、あの黒装束の出で立ちは、アラブ圏にも、かなり支持され、世界人気を押し上げている一因です。


活劇としての忍者を語りだしたら止まらなくなりますが、日本では、松方弘樹主演の映画「海竜大決戦」で、大ガマを出したあたりから、だんだん凄いことになっていった気がするのですが、豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎だったころ、琵琶湖の湖畔に怪しげな宗教が蔓延、その調査に、飛騨の国から、仮面の忍者を呼んだりしたTV活劇もありましたね。
3部目では、隠密任務で織田信長に随行、怪獣大戦争でした。
余談ですが、忍法獅子変化を会得した忍者も、飛騨出身。


最近のところでは「NARUTO」、「ワンピース」もそうでしょうか、このアニメは、いわば日本の兵器だと、自分は思っています。
どこまで正しく翻訳されているか知りませんが、中国にも、かなり入り込み、若い世代に受け入れられています。
思わず正義に目覚めてしまう若者が続出、自国の虚偽に気づき、戦い始める予感。
そう、日本は「正義」を輸出しているのです。


「NARUTO」に、こんなセリフがあります。
「忍者の極意は、術の数でも、優劣でも無え、忍者の極意とは、忍び耐えることだ!」
強烈な風が吹き抜ける瞬間を迎えました。



『忍者部隊月光』のうた


霊界あれこれ

少し思うところがあって、霊界について注意喚起、内向けに軽く書いておきます。


家庭連合時代は、いやはや、霊界絡みの悪しき事件が山ほどありましたので、トラウマのようになって、どの組織問わず、此の手の話は、警戒されている方も多いかと思います。しかし、真理探究するにおいて、ある一定レベルに達した方は、どうしても避けて通れなくなる場合もあるのではないかと。
家庭連合時代は、全体主義的なところがあったので、霊能者の件など、ひとたびサタンの侵入を受けると、組織全体が狂わされる危険性があり、実際そうなりましたが、サンクチュアリはそういう組織形体でないので、おそらく大丈夫でしょう。
時代が進むに合わせて、情報を収集、各自が善悪を判別できる目を養い、自身を進化させていけば、問題ないと思ってます。


私は、このブログ、教会長ならびに、霊界に居られる先人へ、ある種の忖度をもって臨んでおりますが、しかし、少し違えると方向性が狂わされサタンが侵入、結果的に、先人の方々を傷つけることになってしまうので、これからも極力書きませんが、すでに過去話で、知るべき人は、ほとんど知っている内容の部分だけ、少しだけ触れます。


すでに準備は進めていたでしょうが、中国の侵攻が具体的になったのは、2010年の漁船衝突事件あたりでしょうか。
血染めのプーの背後にいるのは、人格を持った霊界の魔物、名も知りました。


相手が相手、こちらも準備を急ぐ必要があり、当時、ボスを中心に、祈祷チームを結成。
ある繋がりから、ご存命だった文鮮明氏の右肩には、日本の司令塔として、空海様が立ってくださり、その後、霊肉共闘、ある軍団を結成するに至ります。
読者はいろいろおられるので、それ以上のことは書きませんが、今も確実に、王の指揮下。私が個人的に恵みを受けたのは、さらに、それ以前の話で、これも書きません。
私の駄文が元で、先人を傷つけるわけにはいかないからです。


しかし、これとて所詮、霊界ごととも言え、捉えようはいかほどでもありますが、それでも、一応、注意を促したく、書いていておきます。
もし、此の手の内容に係わる場合、経験からすると、善なる先人に、愚弄と感じさせる文は、できるだけ控え、静観することをお勧めします。
当たり前ですよね、自身の品位を落とすだけのことですから。


そもそも、メタ認知すれば、私の存在なぞ、見えない敵に向って、キャンキャン吼えている子犬のようなもの。
巨大な敵の存在を前に、霊界の後援なしで、とても勝てる気がしないので、これからも、共闘していくことになると思っています。
サンクチュアリ諸星くるとさんの過去ブログを読んで、つくづくそう思いました。


そして今の時代、知るべき内容は、知るべき人に、ほとんど届いていると言っていいでしょう、ある方から、そうも、お聞きしました。
ただ、届いてないからといって悲観することはありません。
門は、叩けば、いつでも、開けてもらえるはずです。
どうか、各自、ご自分の力を養ってくださることを、お祈りいたします。