ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

サヴァイヴ

北朝鮮のミサイル発射など、緊迫する世界情勢を鑑み、ざっくりと、感想を述べてみたいと思います。
あくまで、そうなって欲しくないという願望が前提ですが、しかし、大統領選などで、すでに生き残るタイミングを逃した韓国は、もう国としてもたないでしょう。
へたをすると、焦土の大地と化すかもしれません。
イエス様をはじめ、お釈迦さま、孔子など、歴史を振り返ってみても、およそ、偉大な宗教家を生んだ国というのは、最終的に、国としての使命を全うできず、ことごとく崩壊。
使命が大きい故の、悲惨な末路なのは、歴史が示すとうり。
あまり詳しくはありませんが、イエス様の場合、今のシリアあたりでしょうか。
お釈迦さまは、インド、パキスタンあたりの紛争地帯。
孔子は、文化大革命の血が染み込んだ、中華帝国の大地。


歴史というのは、およそ、神様から任命を受けた方を中心とした、その宗教史が先行し、その後から、それに係わる国家などの政治史が後を追いかけ、最後は経済史がついてくるような格好だと教わりましたが、中心がこければ、当然、国がこけ、全てがこけていく。
これが、ミクロコスモスと、マクロコスモスの関係性だと気づきましたが、イエス様の時代を例にとって考えてみます。


313年、ミラノ勅令により、ローマ帝国は、ようやくキリスト教を国教として公認しましたが、イエス様の他界後、この300年余りのずれが、すなわち、宗教史と政治史のズレでもあり、300年かかって、やっと時代が、イエス様に追いついた。


これは、教訓でもあり、メシア無き後の信徒の時代が、いかに重要か、考えさせられます。
メシアが来て、いきなり天国が出来るわけではない。
おそらく、血のにじむような300年だったでしょう。
我々は、お花畑で生きることを止め、クソみたいな現実を直視するしかないのです。
実際、中国や北朝鮮のような侵略国家が、現実世界に存在しているわけですから。
第2次大戦後、侵略を続けているのは、世界で、中国だけだそうです。


悪を駆逐せよと、内なる魂の叫び。
せめて、日本をなんとかせねば。
私がサンクチュアリ教会にいるのも、おそらく、こういう事情を知ってしまったからでしょうね。


みなさんの平和を願ってやみません。