ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

蛇性の淫! 保育園女

次なるは、怪人「山尾志桜里」女。


今、選挙の最中で、結局こういう場面で、国民の審判を受けるわけですね。


W不倫やら何やらで、ウワキーヌとか、ガソリーヌとか、ネットではすでに、不名誉な呼び名が定着してしまいまいたが、ここへ来ても、小林よしのりは、「国の至宝」とか何とか言いながら、本気で庇いまくっているし、凄まじい山尾愛が、かえって痛ましい。
もう怪人同士、よろしくやっていただくしかない。


しかし、問題にしたいのは、そこじゃなく、この人の思想背景。
かつて「保育園落ちた、死ね」で、一躍有名になって、国会では総理に噛み付いていましたが、結局、ユーキャン流行語大賞を、満面の笑みで受賞。
日の丸、君が代、愛国心を国民に押し付けるなとか、テロ等準備罪の議論でも、国会で吼えまくり、テロ支援の発言として、ネットでも炎上してました。


背後に、 在日左翼が、ゴロゴロうろついている姿が、いっぱい見えるのですが、ほんとに、あなた、検事だったの?
日本死ね、ママ隊が、安保法案反対のママと同一人物だったりも判明し、日本死ねは、自作自演、あるいは、背後組織から操作されていた可能性がそうとう高いですね。


韓国を否定する発言をすれば、ヘイトスピーチ
中国を否定する発言をすれば、ヘイトスピーチ
日本を否定する発言をすれば、大賞を受賞するという。
この国は、すでに、ショッカーと結託した「死ね死ね団」に、乗っ取られつつあるのが、おわかりでしょうか。


不倫の相手、倉持との架け橋、愛のキューピットを演じた、小林よしのりも同罪。
「馬鹿な今井絵里子の不倫は腹立つが、有能な山尾は問題なし」とか、「総理にしたい女性」とか、もう、わけがわからん。
この人も一蓮托生で、おそらく、沈んでいくのでしょう、周りから、誰にも相手にされていないのを自覚できず、過去の栄光から、自分が正しいと、信じきっている。


選挙の本流とは関係ありませんが、気になった変な怪人を、少し紹介してみました。