ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

銃と刀と私 多羅尾伴内編

若旦那が銃を構え、自民党も、ついに伝家の宝刀を抜き、それぞれが戦いを始めた。
自民結党以来の悲願、憲法改正まで、ぜひ辿りついてほしい。
私も、天空剣を紹介したし、そんな流れで、もう少しいきたいと思います。


時は戦後、GHQの占領政策により、一時期、チャンバラ映画が禁止された時期がありましたが、その代替のような格好で制作されたのが、この伴内シリーズ。
剣劇禁止の中、刀を2丁拳銃に置き換えられて立ち回る姿が、当時、多くの庶民に受け入れられたのでしょう、興行的には大成功でした。
ついつい、自分が正義にこだわってしまうのも、結局、このおっさんの影響が大きいのかもしれないと、つくづく思う節もあります。


伴内「よう、おめえ、ちゃんと生きてるか」
私「うるせえ、わかってるよ」
今でも、頭の中で、そんな会話がなされているような気がします。


設定は大正生まれ、昔、稀有の大泥棒、傷だらけの過去を悔い、贖罪のための人生行路を行く、藤村大造。
私はとりわけ、1978年に発表された、小池一夫原作、石森章太郎画の作品に影響を受け、老いて朽ちる前に、自分の意志を継ぐ者を育てようとして奮闘する、晩年の伴内と、2代目誕生を描いたこの作品が大好きでした。


余談ですが、銃に関心を持つようになったのは、この頃。
コルトに愛情を注ぐガンマニア、2代目、紙袋順平の影響なのは確実です。
伴内がチャラチャラと格好よく拳銃を振り回すだけで、対立する2人。
「そんな人も撃ち殺せねえような22口径なんかで、イキがるんじゃねえ・・・」
そして、製作者の意図と、存在の意義、コルト愛を熱く語りだす2代目なのでした。


なんとか見出した2代目候補の順平でしたが、大上段に構えながら言う、あの決めゼリフだけは、「あんなもの、自己顕示欲以外のなにものでもない」と、かたくなに拒否。
しかし、最後の事件、拳銃で手足をもがれ、血みどろになりながら、決めゼリフをつぶやき、息を引き取っていく先代の姿に、順平の心は震えます。
「あるときは片目の運転手、またあるときは大富豪の紳士・・・しかして、その実体は・・・正義と真実の使徒、俺は、俺は、藤村大造だ!」


号泣し、ついに、そう叫ぶのでした。
先代から2代目へ。引き継がれる意志。感動する世代交代の瞬間。
正義と真実にこだわり続けた男の生き様に、自己顕示欲がどうとか、くだらん道徳言葉が、すべて吹っ飛んでいきます。


さて、現実世界へ戻ります。
失楽園事件、アベル殺害事件の真相は、すべて、あの方が解いてくださいました。
しかし、そこから派生する、多くの関連事件は、歴史に潜み、残されたまま。
ここは信徒が、なんとか解決していくしかない。


若い世代だと、悪と闘い、それを暴くというのは、ゲームや漫画のように、剣を振るい、かっこよく、派手な戦闘をイメージする人がいるかもしれませんが、実際のところは、金の流れを追う、地味な作業になってくるはずで、例えるなら、脱税を追う、国税庁の職員を想像したほうがいいかもしれません。


イエス様が語られた「人は、パンのみに生きるにあらずや」。
これは、実に核心をついており、まさに、その逆を行く連中が存在し、人はパンのみに生きるものと信じて、闇に潜み、この世をかく乱しているのです。


戦争をするには、お金が要り、そこに資金供給してきた奴が、真犯人であり、それなりにご存知の方もいると思いますが、グローバリズムの中枢にいる、それらの存在に、私達は対峙していきたいと思うわけです。