ライコウのブログ

あるキリスト者の個人ブログです。
二極化された世界構図を前に、我々人類は、いかに神様と向き合っていくべきか、思索を深めるきっかけになることを願って発信します。

目覚め 私の場合

思うところをすこし。
最近、いろんな分野のいろんな方が、世界の歪みの原因に気づき始めたように感じるのですが、例えば、過去ログで少し触れたシオニストの件も、もっとスピード感をもって拡散すべき内容だと思うのですが、有志による告発が散見されるのみで、まだまだ個人レベルの域を出ず、大きな運動には繋がらない。
なぜか。
それは、知られては都合が悪い、隠そうとする存在が、確実に存在するからであり、さらに、その隠蔽手段がそうとう成功し、虚偽の価値観がまかり通る社会システムが、すでに先行し、構築されてしまっているから。
暴いたところで、このシステムを崩壊に追いやらないかぎり、拡散が難しい。
結局はパワーバランスの問題であることに到達してしまう。


たしかに、真実の一端に辿り付いた人は、そこそこいるかもしれないが、終には、問題はその先であることに、誰もが気づく。
かつて抱いていたジレンマと、同じものを抱えるようになってきました。


しかし、戦う船に乗り込めただけでも、今は良しとします。
それに、少数ながら、気づいて告発する有志がいるだけでも喜ばしいことに違いは無い。
ほとんどの人間は、虚偽を信じ、悪魔と戦うことすら出来ない人ばかりだから。


さて、私の場合ですが、それとなく、悪魔の代理人、習近平に情報の網を張っていたら、本年1月、ダボス会議という存在が引っ掛かってきたのでありました。
多国籍企業など、金持ち集団の会議に、本来、共産主義の頭目など、相手にもされないはずなのに、これはいったいどういうわけか。
過大に持ち上げられる、この状況は、どう考えてもおかしい。


そこが、はじまりで、シオニズム、グローバリズム、サタニズム
ほとんど芋づる式に辿りついてしまい、今に至っています。
なるほど、そういうことだったのか、共産主義さえ操る影の正体が、おぼろげながら確認できた瞬間が到来したのでした。


「ルパンを追っていたら、とんでもないものに辿りついてしまった、どうしよう」状態。
これが、ブログデビューの遠因です。


1年いろいろありましたが、こんなブログでも、読んでくださる方がいるのは、大変ありがたいことだと思ってます。
ともすると暗くなりがちな心情も背負ってますが、そうならないよう、景気づけに、明るいやつを貼っておきます。


やっぱ、ウルトラ警備隊えーわ



自衛隊を「ウルトラ警備隊」でパレードさせてみた:自衛隊観閲式